漂流伝説クリスタニア 漂流伝説 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

漂流伝説クリスタニア 漂流伝説 2

水野良が贈る壮大なファンタジー巨編、第2弾登場!!
著者: 水野良 (著者) / うるし原智志 (イラスト)
シリーズ:漂流伝説 クリスタニア

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

“神々の大戦”により生き残りし神々は、人の姿から獣の姿に身を変え神獣となった。神獣たちは周期という規律を定め、クリスタニアの地で平和な時を刻んでいた。何百年もの時が過ぎ、神王バルバス率いるベルディア軍の野望でこの地は混沌の時を迎えていた――。ダナーンの地からクリスタニアの大地に来た騎士見習いのレイルズら5人は、銀狼の娘マリスと知り合い、この地の混沌を知る。そして牙の候爵グレイルとの闘いで、死の恐怖に直面したレイルズは葛藤の末、ベルディア軍との戦いを決意する。その直後、仲間になった神獣の民の傭兵集団・獣の牙の戦士たちとの前に、サーベルタイガーを引き連れたゴブリンが襲ってきたのだ。闘いに躊躇するレイルズを尻目に、神獣の戦士たちは顔を獣の姿に変え敵を次々と倒していく……。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Tetchy

    色んな種族が出てきて、かなり大きな話になりそう。しかも作者あとがきに寄れば漂流伝説以外にもクリスタニアには色んな伝説が書かれそうだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぷるっちょ

    本巻で『獣の牙』という様々な神獣の民から構成される傭兵団が登場するが、「指揮系統が緩い(一応『百人隊長』という称号は有るけど明確な権限がある訳ではない)&兵站という概念がない(食料の貯えも碌にない)」ので良く神王バルバス率いるベルディアと戦ってこられたな、と思った。物語の方は、一度死にかけて戦闘を忌避する様になった主人公レイルズが「戦いから逃げ出す事は自分の代わりに誰かが死ぬ事である」と悟り腹をくくる経緯が描かれている。最後に『獣の牙』が陥落する未来を予知されたレイルズ。滅びの運命を打破できるか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • てんぱい

    表紙がベルドの後ろ姿に似ている。まあ登場するはずがない。巻末の用語解説がありがたい。周期の修復を神託としてあたえないフェネスの意図が見えない。自らの役目なのに。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • オルガ

    獣の牙の一員となって徐々に頭角を現していくレイルズ。トラウマに悩まされながらも少しずつ克服していく描写がいい。お気に入りはサイアとビーンの初陣のシーン 続きを読む…

    ネタバレあり
  • suzuki-takefumi

    「人を殺すと言うことと戦い」という葛藤があるのは分かるが、経過の描き方がおざなりすぎる。「その過程で突然かよ」と感じてしまう。登場人物の背景や葛藤が「設定」に終わってしまっている感じがする。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    1993/12/10
  • 定価
    556円(本体505円+税)
  • ISBN
    9784073005292

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK