∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ 2

その少年――大切なものを守るべく、すべての理不尽を射程外から殲滅!!
著者: 小路 燦 (著者) / 福きつね (イラスト)
シリーズ:∞射程魔術使いの俺は、やがて学園の頂点へ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔族の襲撃を規格外な長距離魔術で打ち破ったセルト。彼の実力に注目が集まる中、学園全生徒が参加の勇傑祭が開催! 十傑上位との戦いが激化する状況で……幼馴染のレリアが王族だと判明。学園から去ることに!?

みんなのデータ

  • 5
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • おにおん

    自身の退学・レリアの王宮入りを阻止すべくセルトが勇傑祭に挑む第二巻。十傑が全員登場し、バトルが本格化してきました。相変わらず正々堂々とは戦えないセルトの戦闘スタイルが特殊で面白かったです。ただ今巻はほぼほぼセルト無双になってしまっていたので、もう少し他の要素も欲しかったです。次巻以降どういう展開になるかが、本作にとって勝負の分かれ目のような気がします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    学園の強者達が集う祭りで優勝できなければ退学と言う命令がセルトに下される中、レリアが王族であったことが判明する今巻。―――撃ち抜け、己のエゴと過去、幼馴染の心を踏みにじる敵を。 次々と姿を現す十傑達がそれぞれの好敵手と火花を散らす中、自分の想いに悩むセルトが魔族と激突する巻であり、前巻とは違い逆鱗に触れられたからこその容赦なし、な新しい熱さの楽しめる、確実に面白さのレベルが上がっていく巻である。魔族達が本格的にセルトに目を付け始める中、評価されぬ実力が知られつつある彼の今後とは。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    レリアの過去が明かされ、十傑勢揃いの勇傑祭が開催されるなど盛り沢山な一冊。物語において生き別れた家族との再会は揉める場合が多い。だけどレリアが素直に家族の愛情を受け入れられたのは、セルトが家族として愛を与えてきたからなんだろうなと。素敵な幼馴染の関係だ。フューラを含めて、仲間を通り越して家族に近い関係になってるのが良い。あと勇者を目指しているだけあって十傑に人格者ばかりで、人を救うセルトを尊ぶ姿勢しっかりと描かれているのが気持ちいい。やっぱりこういうのがいいよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しらかみちゃん

    全生徒の頂点を決める勇傑祭開幕! レリアの真実に戸惑いながらもレリアにとっての最適解を選ぶセルトが健気でした。 ただ展開的には一巻と同じような感じで、もう少し新しさが欲しかったかなと。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK