無能扱いされてパーティーから追放された-けど、なぜか女勇者が「君が必要だ」と言って一緒についてきた!? 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

無能扱いされてパーティーから追放された-けど、なぜか女勇者が「君が必要だ」と言って一緒についてきた!? 1

不遇な最弱スキル『死んだフリ』には、とんでもない力が隠されていた!?
著者: アネコユサギ (著者) / 羽鳥ぴよこ (イラスト)
シリーズ:無能扱いされてパーティーから追放された――けど、 なぜか女勇者が「君が必要だ」と言って一緒についてきた!?(MFブックス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王宮直属の宮仕え冒険者であるリエルは、依頼を受けてダンジョンに潜っている最中にもかかわらず、仲間から追放されてしまう!
薄情な仲間達に見切りをつけた勇者ルナスと共に行動をすることになったリエルは、ルナスからある告白をされる。
それは勇者の強さの秘密で、自分たちのパーティーが幾度も危機を乗り越えられたのは勇者の持つスキルのおかげだと。
そのスキルの鍵となるのが、リエルの持つ『死んだフリ』というハズレスキルだったのだということを。
「わかってくれた様だね。君の『死んだフリ』が発動している時、私は最強の勇者になれるのさ」
ハズレスキルによるダンジョン攻略ファンタジー!? 第一弾、ここに開幕!!

パートナーのおすすめレビュー

  • 勇者の真の力を引き出す、最強の補助スキル、発動!!

    ディアナ
    ディアナ
    『盾の勇者の成り上がり』のアネコユサギ先生の新作は、スキル《死んだフリ》を持つ青年リエルの冒険物語ッスよ!

    さて、この《死んだフリ》。使うとリエル自身の意識もなくなり、見た目は棺桶に収まった死体になるだけのゴミスキルッス。仲間からも「使えなくて邪魔!」って、ひどい言われようッスが、ま、当然ッスね。

    でも、ヒロインの勇者ルナスにとっては、とんでもなく役立つんスよ! ルナスのスキル《勇者の怒り》は、仲間の死により自身の身体能力が爆発的に上がるというもの。でも、戦闘の度に仲間を死なせるわけにはいかないから、これまで十分にスキルを発動できなかったんス。

    でも、リエルが《死んだフリ》を使えば本当に仲間が死ななくても、勇者のスキルが発動するみたいッス。これは奇跡的なスキル相性ッスね! 今まで苦戦していた魔物を瞬殺できて、ルナスも大喜びッス!

    一方でリエルは不満顔。結局、自分はいつまでたっても戦闘に参加できないって。そりゃそうッスわ。スキルがレベルアップしても、意識を保ったまま死体になれるようになっただけ。ルナスの活躍を見るだけじゃなく、自分もカッコ良く戦いたいって思うのも無理ないッスね。

    ま、諦めずもっとレベル上げに精進したら、いいことあるかもッスね~。お、これってもしかして激アツ覚醒フラグの予感? さてさて続きが楽しみッス!
  • 勇者の前で《死んだフリ》これが決まれば最強敵なし!

    レオン
    レオン
    はずれスキルを持つ冒険者リエルは、攻略中のダンジョン内でパーティーからの追放を言い渡されるんだ。リエルも戦闘能力の低さは自覚してたから、罠解除とか暗号解読なんかのサポートを頑張ってたんだけどね。

    だけど、薄情な仲間に怒ったのがパーティーリーダーで勇者のルナス。「君達は仲間を何だと思ってるんだ!」ってリエルを連れて、自分もパーティーから抜けちゃうんだ! よくある追放ものかと思いきや、勇者も一緒に離脱ってなんだか珍しいね。

    二人だけになったけど、リエルのスキル《死んだフリ》で爆発的な効果を発揮するルナスのスキル《勇者の怒り》さえあれば、向かうところ敵なし! バッタバッタと魔物を倒して、ダンジョンを突き進んでいくんだ。

    それにリエルと二人きりのほうが、ルナスも楽しいみたい。周囲を気にせず、思う存分暴れられるからね。前の仲間がルナスを連れ戻そうとしたときも「君達の方が足手まといだ!」って突っぱねてたよ。スカッとするだけじゃなくて、勇者らしからぬ物言いにクスってくるなぁ。

    それと、スキルは使えば使うほどに育つんだ。《死んだフリ》が、今後どういうレベルアップをするのかにも期待だね。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ききぞう

    序盤は面白かったのですが、中盤の使役魔が出てきてから尺を稼ぐためか使役魔と食べ物と雑談が延々と続き、展開もグダグダに…この話続くの? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/05/25
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784046804372

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK