追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる 3

著者: 御子柴奈々 (著) / 岩本ゼロゴ (イラスト)
シリーズ:追放された落ちこぼれ、辺境で生き抜いてSランク対魔師に成り上がる(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

エリーの死を受け、さらに強くなることを誓うユリア。しかしエリーは、「黄昏」の中でも人類が行動できるようになるアイテム「黄昏結晶」を遺していた。
黄昏結晶の力を使い、結界都市からの反撃作戦を立てるサイラス。すでに最強対魔師の一人であるユリアもこの計画に参加するが、何気ないベルの言葉をヒントにユリアは「黄昏刀剣」の新たな使い方を身に着けていた――。コミカライズも大好評の学園無双譚、ユリアのさらなる成長を見届けろ!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • アウル

    エリーの死を受けより強くなると誓ったユリア。エリーは死の直前「黄昏」内でも行動が可能となる「黄昏結晶」を残していたことにより反撃計画が立てられる事になる第三巻。魔族の存在が明らかとなったり、ユリアも己の力の使い方に新たな活用方法を見出したりと話が進んだ感じだな。相変わらず不穏な感じが漂う人類サイド、魔族も登場したりしどんどん劣勢な感じがするが反撃はうまくいくのか楽しみだわ。魔族サイドは内通者を排除しようとしてるが果たして誰なんだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    エリーが遺した研究成果、黄昏結晶を用い黄昏への反抗作戦が始まる中、魔物を統べる七人の魔族が動き出す今巻。―――上の先、理外の上へと歯向かい牙を突き付けろ。 人類側の初めての反抗作戦が開始されユリアもまた、日常を守る為に戦場へと躍り出る今巻。だがそう上手くはいかせぬとばかりに、彼を明確に狙い魔族達が牙を剥く巻であり、正しく隔絶した力の持ち主たち相手に新しい力の使い方で立ち向かう、更なる混成と深まりが物語に深みを出していく巻である。果たして、裏切り者を見つけ作戦は完遂できるのか。 次巻も勿論楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/06/01
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784798625041

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK