出雲凶星神話
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

出雲凶星神話

出雲族の「力」とは一体何なのか? 新鋭・大林憲司が贈る伝奇アクション!
著者: 大林憲司 (著者)
シリーズ:神代末裔闘士シリ-ズ

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

雲州大学考古学研究所に席を置く高見橋哲也は遺跡発掘中に隕石の落下を目撃する。目撃者ということで、隕石の調査にきた国立天文センターの島田志保子に協力をすることになった。落下した隕石を回収し、簡単に調査をして終わりかと思われていたが、哲也と志保子の前に怪しげな化け物が現われた。哲也は化け物をみるなり「狭蝿なす怪しき物怪」と呼び、驚くべきことに哲也の手は彼の気合いと共に光り始める…。次々に巻き起こる怪奇な事件。その源には古代出雲族が持っていた「力」が潜んでいるらしい。はたして、出雲族の「力」とは一体何なのか?新鋭・大林憲司が贈る伝奇アクション。 ※本作品は電子書籍化にあたりイラストを収録しておりません。

みんなからのレビュー

  • およそ十数年ぶりの再読。「しょせんあなた方は敗残の民の末裔。力あるものに服従して生きるしかないのですよ」 ・・・お前(物部氏)がいうな。出雲神話が題材の正当派伝奇アクション小説であります。隕石落下の導入部から、冒頭の16ページ中に早くもイラスト3枚(!)。登場人物が話をする前に戦いを吹っかける脳筋揃いなこともあり、物語の展開が早い早い。さくさく進んでいきます。「香香背男」の正体はベタですが、明らかになってからのスペクタクル展開はなかなかのもの。それだけにキャラクター描写やプロットの薄さが残念。星3つ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル