ユア・フォルマ 2 電索官エチカと女王の三つ子
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ユア・フォルマ 2 電索官エチカと女王の三つ子

謎のアミクスによる連続襲撃事件。鍵を握るのは女王の三つ子、最後の一人!
著者: 菊石 まれほ (著者) / 野崎つばた (イラスト)
シリーズ:ユア・フォルマ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

★第27回電撃大賞《大賞》受賞のSFクライムドラマ★
哀切怒濤の第2弾開幕――!!

再び電索官として。歩み出したエチカに新たな事件が立ちはだかる。RFモデル関係者連続襲撃事件――被害者の証言から容疑者として浮上したのは、他ならぬ〈相棒〉ハロルドの名前だった。

「きみの思考に入り込めたらいいのに」
「あなたに潜れたらどんなにいいか」

ままならない状況に焦るほど、浮き彫りになる<人>と<機械>の絶対的違い。埋められない溝に苦しみながらも捜査を続ける二人を待ち受ける衝撃の真相、そしてエチカが迫られる苦渋の選択とは――!

みんなのデータ

  • 18
    評価する
  • 13
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    やはりエチカとハロルドの二人(?)のやり取りは秀逸だなあ。電索官に復帰したエチカを待ち受けていたのはRFモデル関係者連続襲撃事件。しかも相棒のハロルドがその容疑者としてあげられていて…。ミステリ色の強い今回でした。この事件をきっかけとしてヒトとアミクスの違いが浮き彫りになりますが、それがエチカとハロルドの絆をさらに深めることに繋がっているのが心にしみました。ヒトの脳を模倣した電脳を持つ「人間らしい」アミクスはヒトとどう違うのか…。これからもエチカは問い続けることでしょう。続きも楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    再び電索官として歩み始めたエチカに立ちはだかった、RFモデルの関係者連続襲撃事件。被害者の証言から他ならぬ〈相棒〉ハロルドの名前が容疑者として浮上する第二弾。ままならない状況に焦るほど、浮き彫りになる人と機械の絶対的な違い。埋められない溝に苦しみながらも捜査を続ける二人を待ち受ける衝撃の真相、そして心揺れるエチカが迫られる苦渋の選択。RFモデルを巡る連続事件で感じた決定的な違和感があって、隠されていた真相を知った上でそれでも彼と向き合うと決意したエチカたちに何が待っているのか、二人の今後が気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なっぱaaua

    今巻も面白かった。またとても読み易くなっている。一巻でのエチカのヒリヒリしたところは影を潜め、エチカとハロルドがお互いどう近づこうとするか、理解しあえるかを試行錯誤しているシーンが増えた。RFモデルが起こした1巻の出来事から、連続傷害事件によりピンチに陥るハロルド。それを助けようとするエチカ。事件を解決しようとするも二転三転と物語は動いていく。「ロボット三原則」がこの世界では何なのかを問う。人間とアミクスとの信頼関係とは。明かされた真実はこの後の二人に何をもたらすのだろうか。続きも楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • のれん

    今作はベタな探偵小説+SF設定というのを上手く小道具として使ってる印象。 答えを前もって言わないホームズらしい相棒から、自ら思考できるが故人間を操るAIの恐怖というSFストーリーに自然に繋げるのは前回同様描写が上手い。 今回はエチカの信頼がノンストップなのでラストも納得できるのだけれど、警察官としてそんな妥協選択するのはちょっと、と思いきやそれら前提をひっくり返す引きはビックリ。 「ロボット三原則」や「中国人の部屋」など往年のSF設定を当然としているが故のトリック。 刑事としての名誉挽回に注目。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • どんぐり@今日もいい日だっ

    改めて、電撃でもこんな硬質で純粋なサイバーSFが読めるようになったんかいと。電索官に戻るエチカ。そして相棒ハロルドも含めたRFモデルの闇。レクシー教授は、特有のいっちゃった感性をお持ちのようで、ここ辺りもツボを押さえていて。何よりラストを読ませるのがうまいなぁと。文章がかっこいいんですよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 今日読んだ本の感想まとめ
    ATKGが作成したまとめ今日読んだ本の感想まとめで紹介されています。
    0

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/06/10
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784049136876

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK