放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている

甘くて、尊い、二人の青春のはじまり――
著者: 戸塚 陸 (著者) / たくぼん (イラスト)
シリーズ:放課後の聖女さんが尊いだけじゃないことを俺は知っている(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「きみも来る?」時刻は午後11時。
平凡な高校生・倉木大和はコンビニからの帰宅途中に、同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会う。
彼女に誘われるまま、真夜中の繁華街で共に時間を過ごし、その日をきっかけに二人の交流がはじまった。
 初めてのダーツ、CD貸し借り、ラーメン巡り……。
たまに甘えてきて、少しやんちゃな一面のある聖良と関わるうちに、大和の退屈だった日常は色づいていく。
「あのとき、大和がついてきてくれて、ほんとによかった」
 どこまでも自然体な聖女さんと過ごす、甘くて、尊い、青春と恋の物語がはじまる――。

パートナーのおすすめレビュー

  • ”聖女さん”との出会いが、退屈な毎日を変えていく!

    綾乃
    綾乃
    雪のように白い肌に色素の薄い灰色の髪、華奢なスタイルと整った顔……尊さを感じちゃうくらい現実離れした美しさを持つ高校生の聖良ちゃんは、名前をもじって「聖女」って呼ばれてるんだ。そんな聖良ちゃんと主人公の大和くんが出会った場所は、まさかの夜の繫華街! 「聖女」がそんなところにいるなんてびっくりだよね!

    実は聖良ちゃんは、夜遊びに抵抗がないちょっとアウトローな女の子。だからたまたま出会った大和くんを口止めするどころか、ゲームセンターやカラオケに誘っちゃうの! 高校生が夜に行ったらダメなお店でのデートは、いろんな意味でドキドキだったよ~! 

    聖良ちゃんと出会ったことで、退屈でぼっちな大和くんの生活は一変。聖良ちゃんと一緒に授業をサボったり、立ち入り禁止の学校の屋上でお弁当を食べたり。イケないけど、ちょっと憧れちゃうようなエモい青春イベントを堪能しちゃうの。いつも一緒に居るおかげで、付き合ってるっていう噂まで流れちゃうんだよ~! 

    聖女の意外な一面と素顔を知っているのは、大和くんだけ。二人だけの秘密が誇らしかったり、周りに言えずにいじらしかったり……。友達同士なのに意識しちゃう二人の甘酸っぱい関係に「尊さ」を感じちゃったな!
  • 二人の関係は友達?それとも…叙情的なボーイ・ミーツ・ガール!

    つむぎ
    つむぎ
    「聖女」と聞くと品行方正で慈悲深い女性を想像しますが、聖良さんはそんなイメージとはかけ離れた人でした。クールでミステリアスに見えるけど、本当はマイペースすぎるだけですし、深夜に牛丼やニンニクの効いたラーメンを躊躇なく食べちゃいます。しかも、聖女どころか普通の高校生ならしない夜遊びまで……! 型破りなヒロインに興味が湧いてしまいます。

    そもそも「聖女」というあだ名は、聖良さんの尊いといわれるほどの美しさからついたものです。つまり、彼女の外見しか見ていない人たちが、勝手に呼んでいるだけのこと。世間の評価に縛られずに自由な生き方をする聖良さんに、憧れと尊敬を抱く人もいるのではないでしょうか? そう。彼女の本当に美しく尊いところは、外見ではなく自分らしさを貫く中身の方なんです! 

    そんな聖良さんでも、恋愛に関しては年相応。二人で遊ぶことを「デート」だと言い切らない大和さんに不満を覚えたり、彼へのスキンシップを止められなかったり。この感情が友情なのか愛情なのか。その答えを彼女自身もわかっていないのかもしれませんね。

    現状に退屈を感じる少年少女が、お互いの心の隙間を埋めていく。叙情的なボーイ・ミーツ・ガールに心を揺さぶられてしまいますよ!

みんなのデータ

  • 32
    評価する
  • 36
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    コンビニからの帰宅途中に、同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会った平凡な高校生・倉木大和。誘われるまま、真夜中の繁華街で共に時間を過ごし、その日をきっかけに二人の交流がはじまる青春小説。初めてのダーツ、CD貸し借り、ラーメン巡り…たまに甘えてきて、少しやんちゃな一面のある聖良と関わって色づいていく退屈だった大和の日常。言葉では言い表し難い聖良との関係に、周囲の目を気にしたり、考えすぎて空回りすることもありましたけど、お互いにかけがえのない存在なのは間違いなくて、そんな二人のこれからが楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 芳樹

    【電子】ぼっちな男子高校生・倉木大和と、同級生で聖女と呼ばれる孤高の白瀬聖良が深夜出会うことから始まる物語。大きな事件もなく静かに進んで行く空気感がとても良い。自意識過剰な大和が鼻につく感じがありましたが、聖女とは名ばかりで思うままの自然な言動を見せる聖良との交流を通じ、彼女の心の拠り所になれるよう少しずつ変わっていく姿に心が温かくなります。作品の雰囲気はそれほどファニーではなくラブストーリーでもないので、本巻はラブコメというよりもシンプルな青春物語と呼んだ方がしっくりくると思いました。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひぬ

    コンビニの帰り道に「聖女」と呼ばれる同級生・白瀬聖良を目撃する主人公・倉木大和。彼女に誘われ、真夜中の繁華街やカラオケなどで共に時間を過ごし、その出来事をきっかけに大和は聖良と交流していく事になります。神秘的な雰囲気を醸し出す聖良ですが、そんな彼女と接する内にそのギャップに振り回される大和の二人の関係性は良かったです。テンポはちょっと遅めだと思いましたが、二人の間が縮まる様子をゆっくりと丁寧に描かれていたため、さっぱりとしていながらも不思議に幻想的な魅力がありました。続刊を読むのが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    平凡な高校生・倉木大和は夜中に小腹が空いた為、コンビニに行った帰り同級生で聖女と呼ばれる美少女・白瀬聖良と出会う。彼女に誘われるまま真夜中の街で遊び、そこから2人の交流が始まる青春モノといった所かな?個人的には面白かったな。ヒロインである聖良の外側と内側のギャップ、あと大和に対しての距離感の詰め方とかが良かったな。主人公とヒロインが気まずくなる様なシーンも大和がうまい事解決して話しを進めるのもいいね。果たしてここからどんな風に展開していくのか楽しみだわ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しぇん

    コンビニ帰りに偶々声をかけたことから始まるラブコメ?コメ要素は殆ど無いですけど。距離感に悩んでいる間に一巻が終わってしまいましたが、ゆっくり進んでいても個人的に退屈さは感じませんでした。ただ、ここで終わってしまったらまだ恋も始まってないので続き出てくれないと困るなという感じです。しかし、聖女様の距離感はヤバいですね。あれで相手が恋に落ちないわけないと思いました 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 楽しくて続きが読みたくなる作品
    とおる1968が作成したまとめ楽しくて続きが読みたくなる作品で紹介されています。
    3
  • 2021年のお気に入り
    シニシャが作成したまとめ2021年のお気に入りで紹介されています。
    6

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK