聖剣士さまの魔剣ちゃん 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

聖剣士さまの魔剣ちゃん 3

著者: 藤木わしろ (著) / さくらねこ (イラスト)
シリーズ:聖剣士さまの魔剣ちゃん(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

折れた魔剣ちゃん=セレスタの復活を目指すケイルたち。
そこで心強い味方を増やすべく、かつては魔剣の所持者であった謎多き幽霊(?)美女ハワワさんに会うため、ケイルたちは行楽都市ヴェルミアへの遠征を決める。海に温泉にとレジャーを楽しむ傍ら、金欠から魔獣絡みの依頼を受けるケイルだが――
「それじゃリーシュはどうしたいんだい?」
『とりあえずわたしの気が済むまでボコボコにして欲しいです』
コミカライズも絶好調な魔剣ファンタジーラブコメ、第3弾!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真白優樹

    セレスタの行方を捜すため、ハワワを訪ねて行楽都市を訪れる中、魔獣との出会いが真実の一端を呼び覚ます今巻。―――ゆるくて楽しい、だから救えるものがある。 かつてのリーシュが怒っていた一つの事件が明かされ、舞台のきな臭さが更に増していき。そんな中でもケイル達がドタバタと賑やかに、シリアスをぶっ壊しながら突き進む巻であり、絶妙に緩い空気感が更にこれでもかとぶちまけられる、その有様にさらに安心できる巻である。シリアスを許さぬ緩さ、その裏のシリアス一直線。さて、真実は一体どんなものか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク

    可愛くて仲睦まじい女の子同士の絡みはてぇてぇ。そこに男など必要ない。当たり前ですね。今回もシリアス展開なんてなんのその、ノリと勢いで突き進む。魔獣たちのキャラの濃さが胃もたれするレベル。そして今回のメインはセリス。ハイエルフの誇りなんて可愛い女の子を前にしたらゴミ同然なんだよ!と言わんばかりのテンションだった。彼女もケイルがそういう部分を肯定してくれるところに救われてたのかなと。ノリも合ってるし。ラストは頑張りが報われてよかった。あとは矢文ちゃんにスポットを当てた話も読みたいところ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★★ ハトがズルい。ハトのストレートなキモさに爆笑してしまったじゃないですか! ハト頭→鎧騎士→フルアーマーの三連コンボに笑い死ぬかと思ったw 今回は展開的にも背景的にもかなり深刻なものがあり、シリアスは回避できないかと思ったら、強引にシリアス回避してきやがりましたよ、この聖騎士たち。身体張っての、シリアスな空気になったら身体にビリビリ電撃が走る魔道具はちょっと反則。こんなんどんな展開になってても無理やりコメディになるやん! シリアス殺しされた敵さんに同情……はしない、むしろざまあでございましたw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まずタイトルで笑わせにきている。2巻までを読んでいればご存知だろうが本作のメインヒロインは魔剣ちゃんたるリーシュだ。ハイエルフ(犬)と矢文ちゃんもヒロインではあるがリーシュから一歩引く存在ではないかと思う。しかし今回あえてハイエルフに注目する、と。ハイエルフでありながらも犬であることに誇りをもつ彼女の(文字数制限) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/05/01
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784798624945

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK