Re:RE-リ:アールイー- 転生者を殺す者 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

Re:RE-リ:アールイー- 転生者を殺す者 2

宿命に抗え。伝説を超えろ。
著者: 中島リュウ (著者) / ノキト (イラスト)
シリーズ:「Re:RE-リ:アールイー-」シリーズ(オーバーラップ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

強大なる転生者・ユージーンを撃破したディルとシド。しかしユージーンは、レッドガルドの英雄・プロドティスの身体を用いて復活。更には巨神族の末裔であるぬえの変身と、最強の転生者・シデンの参戦により、戦況は混迷を極めていく。
その戦況を覆したのは――ユージーン二度目の敗北によって自我を取り戻したプロドティスだった。侵略者たる転生者だけでなく、同じレッドガルドの民であるディル達すらも圧倒し、プロドティスはぬえを連れ去って消えてしまう。
その痕跡を追い、ぬえ奪還のため立ち上がるディル達と《ハルバード》旅団。彼らの前に再び現れた転生者は、ディル達と『手を組む』ことを提案し――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • のれん

    1巻目が人を選ぶが個人的に大好きな叙事詩冒険譚をコンセプトにしたシリーズ。 主人公をはじめ、基本的に全員愚直に突き進んで展開が広がっていて、表面上悩んでいても、それが行動に影響していない。 そのため古代英雄軍勢復活から戦闘や仲間の救済など、一つ一つビッグイベントなのにサラッと進む。 前回以上に緩急がないが、フルスロットルでただただ英雄叙事詩の物語を埋めるように動く。腰をもう少し落ち着けてと言いたいが、各キャラが神話を胸を熱くしまくるのを見続けるとオタクとしては微笑ましくなるのは性だろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    伝説の英雄の身体を使い復活したユージーンとデイルが戦う中、伝説の英雄の復活が舞台を覆す混沌を引き起こす今巻。―――見せつけろ、凡庸なる匹夫だからこその届く力。 伝説の英雄の復活、そしてその軍勢の復活。舞台をひっくり返した第三勢力を相手に、転生者の有志達と協力して戦う今巻。更に熱く、まるで燃え尽きるかのような戦いが見所であり、更に心燃やされる熱さが目白押しな巻である。多大な犠牲の代わりに得た希望。古きは去り、新たな才は目覚めを待つ。まだまだ終わらぬこの戦いは、何処へ向かっていくのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 赤青黄色

    英雄譚&神話の舞台構築が優先されて、キャラ心理の掘り下げがライトになったのが残念。 その中、主人公の妻のキルリアは人間らしく弱い存在として描かれ、現代の私たちの心理に近く共感できた。 一番の見せ場が自由を叫ぶシーン。 ディルが死んだと思ったキルリアは心が折れてしまう。 もう戦死者の名前をチェックすることもなく、彼がいつ帰るかと泣きながら待つこともない、その心配から自由になったと。 そして自宅に戻ると、彼らがそこにいた! 彼女はディルを待つのでなく、共に行動することを決意。希望が見えるエンディングだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK