痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった 4

積もる想い。歯がゆい関係。
幼馴染とのすれ違い恋物語(ラブコメ)、第4弾。
著者: ケンノジ (著者) / フライ (イラストレーター)
シリーズ:「痴漢されそうになっているS級美少女を助けたら隣の席の幼馴染だった」シリーズ(GA文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「諒くんとっ、わたしのっ、代表作にするのっ!」
S級美少女こと伏見姫奈を主役に、いよいよ始まった学祭に向けての自主映画制作。相変わらず姫奈から積極的にアプローチをかけられ続ける諒だったが、夏休みの撮影をきっかけに、彼女がずっと抱えていた秘密を知ることに。
「諒くんは藍ちゃんが好きだったのに、わたしは横槍を入れて……」
この出来事で、二人の距離はまた一歩縮まっていき――。
歯がゆくてもどかしい、思わずため息が漏れるほどの幼馴染との甘い物語、第4弾。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 7
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    姫奈を主役にいよいよ始まった学祭に向けての自主映画制作。夏休みの撮影をきっかけに、彼女がずっと抱えていた秘密を知ることになる第四弾。姫奈によって明かされる過去に思ったこと、藍や静香、美南や妹・茉菜たちも参加した海での撮影、諒の後押しをきっかけに新たなチャレンジを決意する藍。お約束の水着回はちょっとヒロインたちのレベル高すぎ感に苦笑いでしたが、様々なシーンでバチバチと火花を散らす姫奈と藍、そして彼女たちの成長を改めて痛感する諒を交えた何とも複雑な関係も、様々な思惑も絡む中でどうなるのか、続巻が楽しみですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nawade

    ★★★☆☆ 学祭向けに姫奈を主役にした自主映画を製作することになった諒たち。撮影を兼ねて海に行ったり青春してますね。本巻は姫奈よりも藍がクローズアップされていた印象。遅れて登場した幼なじみキャラだったけど、かなり挽回してきた感じ。アクが強さや不遜な態度は相変わらずだが、芸能界で生きていく為や挫折から立ち直るにはこういった強さも必要なのでしょう。だが、メシマズはいかん!ところで藍の言っていた姫奈の卑怯な行為は本当のことだったとは。藍の勘違いかと思ってました。ラストのヒキといい次巻は波乱の展開が待ってそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/05/14
  • 定価
    704円(本体640円+税)
  • ISBN
    9784815609344

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK