ふぉっくすている? 3本目
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ふぉっくすている? 3本目

ラブ!らぶ?スクールコメディ第三弾!
著者: 冬木冬樹 (著者) / 犬洞あん (イラスト)
シリーズ:ふぉっくすている?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

クリスマスが近づき、なんだかんだで仲のいい凪のクラスではクリスマスパーティを開くことになっていた。凪の誕生日を尋ねる橘に、隠し事をしないと決めた凪は、九尾の狐である“凪”が人間の“清原凪”になった日のことを話すことにするのだが、準備だ勉強会だとなかなか二人きりになって落ち着いて話すタイミングがない。そんな折、かつて地獄で凪とともに妖怪たちを統べていたという火車がやってくることに!? さらにはどういう訳か裸エプロン対決に発展し、橘の凪攻略作戦はいったいどうなる? ラブ!らぶ?スクールコメディ第三弾!

みんなからのレビュー

  • 伽達真林

    火車が出てきて主人公の過去と若干リンクしてる…けど火車ってあんなにすごい妖怪だったか? 内容に関しては、なにが言いたいのか本当によくわからなくなってきた。人間と妖怪、結局どうしたいのか。こういう作品ならもうちょっとわかりやすく書いてほしいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • てりあ

    橘かわいい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • にせ

    犬洞あん「…ふすまを開けたら先輩が待ってると良いと思います!」 激しく同意! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • メロン泥棒

    地獄に居た頃の「九尾の狐」こと凪を知る火車が登場し、凪の過去が明かされる。話が深まって、非常に面白くなってきた。火車は少し可哀想だが、凪が心を持つことによって火車を本当に思いやることが出来たと考えれば火車はより幸せになれると思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こんこん

    ひのえんまさんかわいい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/11/05
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840138970

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル