魔界帰りの劣等能力者 6
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

魔界帰りの劣等能力者 6

著者: たすろう (著) / かる (イラスト)
シリーズ:魔界帰りの劣等能力者(HJ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

闇夜之豹による襲撃を返り討ちにした祐人たちは、呪いの一件に大国が絡んでいると知る。にわかに緊張感が高まっていく中、敵の狙いがマリオンではないかと気づいた祐人は護衛役を買って出る。そして、街中にもかかわらず実行された敵の再度の襲撃。
そこには、最凶の暗殺者の姿があった――
「俺は死鳥! その名の通り死を運ぶ、冥府への案内人だ」
襲いかかるは祐人と同じ仙道を用いる最強最悪の敵!! 魔神殺しと死鳥による本気の激闘がここに開演する!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 柏バカ一代

    相手の最高戦力は主人公と同じ仙道の使い手。その男は大怪我を負った際に、孤児達を保護する女性に助けられた。それからその女性と孤児達と共に生活をしていたが、、政府の暗部は彼を利用するために孤児達を人質にされて依頼を請け負わせる。そして、主人公と激突するのだが、、え?もう終わり? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    敵の狙いに気付いた祐人がマリオンの護衛を買って出る中、仙力の使い手である死鳥が襲撃してくる今巻。―――鏡写しと力と力、謀略渦巻く舞台で生き残るのは誰か。 上中下巻の中となる今巻は、敵の最高戦力である死鳥との戦いが始まり、バトルに次ぐバトルが繰り広げられる中、それぞれの想いと正義がぶつかり合う、熱さの爆発が始まっていく巻である。対する敵は哀しき敵、舞台は謀略渦巻く絶体絶命。果たして窮地へと追い込まれながらも諦めぬ祐人は勝つことが出来るのか。この事件は、果たして無事に解決できるのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 八岐

    ★★★☆ 死鳥さん、人質になってる子供らの一番親しい子が女の子じゃなく弟分の男の子という辺り硬派だなあ。祐人だったら絶対女の子だぞ。ただ、無理やり従わされているというだけでなく、ポリシーなのか同じ仙道使いである祐人に興味があるのか唯々諾々と言われた通りにしている、というだけではなさそうなんですよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/04/01
  • 定価
    737円(本体670円+税)
  • ISBN
    9784798624778

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK