おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談(CD付特装版)
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談(CD付特装版)

著者: 石田リンネ (〔著〕)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりもん

    CDが聞きたくてこちらを購入。CDを聞いてクレイグはアストリッドで遊んでいるのか、もともとあんなくだけた感じの人だったっけ?と思うぐらい面白い人だった。本編ではソレス殿下が人との距離感が近すぎてとまどうレティが可愛かった。レティが本気の恋じゃないからデュークは嫉妬をせずに騎士として対応できたようだけどいつか嫉妬する相手が登場しちゃうのかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 話が進むにつれ、ソレスのことを知っていくごとに、序盤のあれがものっそい不安だったのですけど、良かったー! なんだかすごく爽やかな読後感です。この巻好きだなあ。ナパニアの皆さんが総じていいキャラしていて楽しかったです。お姉さんも好き。かかった金額を計算した、というソレスにグッとくる。最後まで読んで、まさに提督の商談、なお話でした。あと直接出て来なかったレオンの意外にも熱血な先生ぶりがツボすぎた。なぜナパニアの男はそんなにクラーケン退治に沸くんだろう……(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 菜実枝

    待ちに待った新刊! 期待を裏切らず面白かったですね(=゚ω゚)ノ 今回もレティがいろいろ魅せてくれましたねぇ(((o(*゚▽゚*)o))) 今回メインのソレス王子も一癖ある王子でして、レティとのやりとりも予測つかずで良かったです ➕ドラマCD付きでして、こちらも三者三様なデューク、クレイヴ、アストリッドとレティの掛け合い笑えました(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや

    ソレス王子はマモの声で読んだわ(笑)前半のルートガー(だったかな?)の呟きが気になってたけど、なるほど!なラストでした。そして前巻でそういやそんな過去があったな〜って女伯爵の関係者もいたし。アルビノなのかな?前巻で、そんな描写あったかな?再読せんとわからんね。クラーケンと戦うというのは、やはり、海の男なら誰しも魅了されることなの!?(笑)p239の「誇り」ルビが「はこり」になってる〜 続きを読む…

    ネタバレあり
  • mayuri(Toli)

    騎士もこれで8人まで席が埋まったがいずれも個性的。あと4人はどうなるのか。楽しみです。しかしレティ、騎士のうちの4分の1は他国の王族関係者っていうのは、箔が付きすぎだと思います。あと、ウィラードが結構好きなのですが、ウィラードの出番がほぼなくて寂しかったり。でも恋人のアイリーチェの出番が多くて、なんか嬉しかったり、作者様は必要ないと思ったら出番をバッサリ切るので、潔いのですが、さみしい部分もありますね。でも、登場人物を満遍なく物語に絡ませるのがうまいので、不満というかはなくて、満足感がとっても高いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/06
  • 定価
    1760円(本体1600円+税)
  • ISBN
    9784047297111

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK