かけもち女官の花〇修業 愛人路線はいばらの道!?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

かけもち女官の花〇修業 愛人路線はいばらの道!?

家庭も仕事もお任せあれ!? 宮廷ラブコメディ第2弾☆
著者: 乙川れい (著者) / 増田メグミ (イラスト)
シリーズ:かけもち女官の花○修業

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王子ハインの専属画家として認められたアルマは、彼と恋仲!?として周囲から生あたたか~く見守られていた。ところが、王宮にハインの婚約者ベアトリーセがやってくることに! 一同の動揺をよそに、アルマは動じず「愛人さんとして、誠心誠意尽くします!」と問題発言!! しかし、ベアトリーセには裏があるようで……? 落ちこぼれ宮廷画家×美形王子の鉄板ラブコメ、ここに完結!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ばにー

    【シリーズ2巻/完結】アルマの萌所がツボった作品。テンポの良いラブコメを楽しめたけど、アルマの神懸かりをもう少し出して欲しかった。殿方をギンギンにさせる薬の使い方がアルマらしい(笑)。最後にその後のショートが読めて満足。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いわいわし

    この国、大丈夫でしょうか? 王は無防備にぶっ倒れているし、王子は王宮内でやられ放題。いっそのこと王妃様+女官軍団で乗っ取ってしまえば万事安泰ですよ、第2巻で最終巻。サクッと軽く楽しめるラブコメ。ファンタジー色が後退してしまい、アルマの異能が印象に残りませんでした。ランチビュッフェで副菜ばかり盛り付けてしまった感じです。あれっ?主菜は何だっけ? あと、第5章の終わりがけ、王妃様とハインの騎士が共謀していた云々のくだりがよく分かりません。そんな伏線ありましたっけ? 何はともあれ、王妃様が最強ということですかね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sio

    凄い勢いだけで突っ走るラブコメでした 途中アルマは本当にハインのことが好きなんだろーかと悩んでしまいましたが それにしてもこの王国自由過ぎるw 奇麗と言えば奇麗に終わったんだけど王国存亡の危機に現れる神懸かりの花冠画家って設定はどこへ行ったんだろ?存亡の危機がちょろ過ぎるw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • shizuca

    アルマが相変わらず斜め45度くらいずれていて、会話がこんがらがるのが楽しいです。ディードリヒ、まさかあんなことになるとは、最後の最後に衝撃でした。増田メグミさんのイラストに惹かれての購入でしたが、一冊目同様に楽しく読了しました。うーん、後日談が書かれちゃったから続きはないの、かな。それならぜひディードリヒ話を! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なぷ

    今回もカトリーネさまお素敵。最終的にはこれ、アルマが各部門の1位を取り揃えてアルマのハーレムになるんじゃね? と思った。あと娘が変態の素質を継いでそうでこわい(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/02/26
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784047302167

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK