死神姫の再婚 四つの愛の幕間劇
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死神姫の再婚 四つの愛の幕間劇

最強(!?)夫婦の軌跡がここに!? 「愛」に満ちた短編集!!
著者: 小野上明夜 (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:死神姫の再婚(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

最強(!?)夫婦の軌跡がここに!? 「愛」に満ちた短編集!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ダージリン

    最初の頃の話が3篇と本編後の話の並びで、カシュバーンの変わりようが面白いです!でも、最後のおまけ話のカシュバーンに違和感を感じないことにちょっと愕然(笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    「成長痛」の、荒れているカシュヴァーンにノーラは普通に接していて、凄いな!と思った^^野心は強し(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハク

    表紙のアリシアが貧乳幼女!って感じ。犯罪臭がしますが、まあ、愛し合ってるので問題ないよね! 今回の短編は、いろんな時間軸のカシュバーンを見ることができて面白かった!最初の頃はツンツンしてたなあ。それに、嫁に遠慮して罪悪感感じて身動きとれなくなってた頃が懐かしい。 ちなみに個人的にこの外伝の中のツボは、バルロイと、カシュバーンがルアークの報告でバカになってるところです。 あとカシュバーンの過去話、これが読めたからこそ、また一段と本編が楽しめそう。カシュバーンが本編で何を思っているのか、少しわかる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 木佐

    もともと誘拐犯のような表紙でしたけれども、この巻は際立ってロリコンみたいです。旦那のお顔ではなくてお嫁が可愛いせいですけれども。可愛い。短編4編+1作収録。「成長痛」が旦那の過去編で薄暗くて痛々しいけれども他の3編が突き抜けたものがあるので±=0でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はなりん

    短編集。初期の頃のお話は、カシュバーンがまだアリシアに対してぎこちない感じで新鮮でした。今はベタ甘ですからね^^。本編後のお話はほぼキャスト勢揃いの近況報告のような感じで楽しかった!あと1つは、アリシアに出会う前のカシュバーンのお話。これはシリアスです・・・。でも、これがあって今があるから、よかったね!って感じです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2013/02/27
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784047287211

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK