かぐや魔王式! 第10式
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

かぐや魔王式! 第10式

感動のフィナーレに向けて、腹黒少年と魔王少女が起こす最後の“奇跡”を見届けよ!
著者: 月見草平 (著者) / 水沢深森 (イラスト)
シリーズ:かぐや魔王式!(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔王復活――!! 文化祭も間近に迫っているにもかかわらず、輝夜の記憶は未だ戻らないまま。さらに、錦織の裏の顔が美紀たちにバレてしまい大ピンチ! やはり、記憶を戻すには、輝夜のルーツを探るしかない。錦織たちは輝夜の過去を探るべく行動を開始するが……!? 大人気学園ラブコメ第10弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • あかなぎ

    こんな形で終わるのなら普通にラブコメしてたほうが十分面白かった、といえる終わり方。伏線も回収しきれずではなくて"放置"という言葉がぴったりかと。皆さんも言ってますが打ち切りにされたとしか思えないようなこのシリーズでした。この中では錦織が輝夜との関係を認めたところはいい感じでした。それと弓削本人が言っているようにあんなにおもしろいキャラをあまり生かし切れてなかったのはもったいないと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 524

    ☆6、5 作者 月見草平 トラブルメーカーなヒロインが目指す「新世界」を構築するために主人公たちが振り回される学園ドタバタラブコメ。結局このシリーズは2巻あたりがピークであとは右肩下がりだった。イベントがどれも行き当たりばったりで、売れ線を全部投入したら作者の技量がなさすぎてグチャグチャになったとしか言い様がない。しかもこれで「エンディングは考えていた通り」とドヤ顔で言われても困る。この作者は「かぐや魔王式!」を通じて何をしたかったの?全然伝わってこなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サイネリア

    この終わらせ方は打ち切りか、多分昔話には拘らないというのは事前に決めてただろうからそこは深く気にしなかったが、やはり輝夜以外のキャラが生かされず終わった、多分作者の力量次第では人気投票で弓削があの順位になることはなかった、妹も打ち切り気味の終わらせ方の犠牲者かな。物語自体はすごく面白かったし、キャラ一人一人に愛着が持てた、主人公の錦織君も優柔不断なところはテンプレだけれどもそれ以外は個性があっていいキャラだった。この終わらせ方は逆に読者にアフターを想像しろと言っているのだろうな、もう少し読んでいたかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひかど

    ここまでやっておいて、この終わり方には残念だなと思ってしまいました。閣下との関係にはそこそこ満足できる物がありましたが、他の子の扱いが少々雑に扱っていたなと感じたのも残念。色々な超常現象について、解明がなされていないのもどうかと...。ここまでやって打ち切りになった作品として、強く印象に残る作品になってしまいました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kei_mi

    最後の盛り上がりとかはなかったけど、まあこれはこれで。 非日常や人間関係で無理にクライマックスを作るってのも違うような気がするし。 輝夜はこの先もハラグロに保護されて生きるんだろうか、なんてことが気になったり 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/05
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840139229

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK