斯くして歌姫はかたる
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

斯くして歌姫はかたる

歌姫、失格!? 恋と宿命と屈辱の楽院生活スタート♪ 第15回えんため大賞特別賞受賞作登場!
著者: 朝前みちる (著者) / カズアキ (イラスト)
シリーズ:斯くして歌姫はかたる

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

歌で自然を操り魔物から人々を護る“楽師(カンタンテ)”。中でもエルネスティーヌは誉れ高き<歌姫>として君臨していた。しかしある日、魔物に歌声を奪われた上に反逆の疑いをかけられてしまった彼女は、事件解決まで聖フィデール楽院に身を隠すことに! なのに、超堅物優等生のオリヴィエに「音痴は今すぐ退楽しろ」と脅されて――!? 不協和音が奇跡を起こす? 第15回えんため大賞特別賞受賞作登場!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 合縁奇縁

    誉れ高き<歌姫>として君臨していたエルネスティーヌは、ある日魔物に歌声を奪われた上に反逆の疑いをかけられてしまった彼女は、事件解決まで聖フィデール楽院に身を隠すことに!台詞でカタカナがよく使われてたから、読みにくかったです。負けん気が強くて努力家、義理堅い、そして毒舌なヒロインの性格がインパクトが強すぎて、男性陣の印象はいまいち薄かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    おもしろかった!ひばりが毒舌を吐きながらも、イヴを慈しんでいて、まさかの結末でした。ミレイユがおどおどしながらも、えげつない発言をしたりして意外と吹き出す場面がたくさんありました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • でんか

    うーん、びみょう。最初に読んだときは、設定のアレコレを面白く読んだ記憶があるのだが、再読してみると、なんだかえらく読みにくい。たぶん設定の説明が読んでいるこちらに細切れでしか伝わってこないのと物語のテンポのためだろうかと思う。あとはヒロインのツンがきびしいのと、鈍感にもほどがあるところかなあ。最後のシーン、ヒロインさん、恋愛感情はなかったとはいえ、曲がりなりにも一時は王太子の婚約者の筈だったのに、あっさり乗換すぎじゃないかね?デビュー作なので仕方がないとすべきか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なつき

    面白かった!天与の歌の才を魔物に奪われ音痴となった歌姫。冤罪から逃れるために楽校へ身を潜めるが、類まれなる音痴と生来の性格から全生徒を敵に回すほど目立ってしまう。才能だけで歌ってきた歌を取り戻すために音から勉強しなおすヒロインが良い。義理と努力に裏付けられた高飛車が似合うヒロイン、好きです。ちびっこオリヴィエくんは最初どうなるかと思いましたが、彼の潔い切り替えの早さも嫌いじゃない。そしていろんな意味で手が早かった(笑)来月続編が出るそうなので楽しみです。ひばりも再登場してくれると信じてます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sio

    怒涛の展開と毒舌の数々 ツンデレなのにほとんどデレない毒舌イヴリーンと超優等生なのに色々手が早いオリヴィエ どっちも可愛いなぁ ひばりは癒されて戻ってきて欲しいなぁ 好きキャラだってこともあるけど お話に突っ込みが不在になっちゃうし 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2014/02/27
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784047294424

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK