漂流伝説クリスタニア 漂流伝説 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

漂流伝説クリスタニア 漂流伝説 1

RPG感覚あふれる冒険ファンタジーの名作、第1弾!!
著者: 水野良 (著者) / うるし原智志 (イラスト)
シリーズ:漂流伝説 クリスタニア

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ダナーン半島は、神の城壁と呼ばれる巨大な断崖によって大陸から切り離された陸の孤島であった。その半島の住人たちは崖の上に広がっているであろう巨大な大陸を“神の国クリスタニア”と呼んでいた――。王都から遠く離れた辺境の村ハークに、ひとつの事件が巻き起こった。王城に侵入した賊を捕らえるべく、王都から騎士がやってきたのだ。冒険者になる夢を捨て、騎士になる決意をしたばかりの青年レイルズは、偶然にもその賊と出会い、戦うことになる。危機一髪! そのとき、突如、村を襲った大地震は、レイルズのみならず、彼の仲間である魔術師のサイア、精霊使いのビーンの運命までも、大きく揺れ動かすことになる……。

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Tetchy

    ロードス島の次に水野氏が挑んだ大河ファンタジー。ロードス島がアレクラスト大陸の離れ島だったのに対し、今度は本土で、物語のスケールもその分かなり大きくなりそうだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぷるっちょ

    ドラマCD「レジェンド・オブ・クリスタニア~はじまりの冒険者たち~」を久々に視聴したついでに読み始めた。原作リプレイの方は連載当時に読んだ記憶がある。ロードス島戦記と同じ『フォーセリア』が舞台で時代はロードス島戦記(無印)から300年後。主人公レイルズたちの故郷であるダナーン王国で宰相が民衆から蛇蝎の如く嫌われ憎まれている理由が良くわからん。民を圧政で虐げてる訳でもなく「支配者層の交代なんてよくある事だろ」と思ってしまった。主人公がライバルキャラに敗北し心を折られたところから奮起する展開は気に入った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じお

    ★★★☆☆ 再読。水野良作品の中ではバランスが好みで実はかなり好き、ロードスほど固すぎず、リウイほど柔らかくなく、丁度いい塩梅。the冒険のスタートという雰囲気も好み、旅の目的が無鉄砲な冒険心からの克己心なのもいいですね、敗北から立ち上がる男いいじゃない。うるし原氏のイラストも時代を感じさせるが良い、これでちゃんと完結していれば。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • てんぱい

    懐かしい面子。当時レイルズ一行やマリスの結末を分からないまま読まなくなってしまったので楽しみだ。シリーズ本編には関係ないがロードスはカーラがいなくてもまた戦乱の世に戻ってしまっていたのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なかし

    若い頃に読んでいたので、懐かしさとキャンペーンだったから購入した。 最後まで読んでいたけどもう一度読み直したいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    1993/06/10
  • 定価
    576円(本体524円+税)
  • ISBN
    9784073001102

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK