恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

恋するシェイクスピア もうひとつのロミオとジュリエット

古典×ラノベ第一弾! いま、この男にハマる――試してシェイクスピア!
著者: 吉村りりか (著者) / 椎名咲月 (イラスト)
シリーズ:Shakespeare series

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

女の子にモテるが、本当の恋を知らないロミオ。勝気な性格ながら親の庇護にあるジュリエット。
そんな二人が運命的に出逢い、恋に落ちた――。けれど二人の家は古くから因縁を持つ仇同士! 
この恋が許されるはずもないと考えた二人は、ナイショで結婚の契りを交わすが……!? 
あの名戯曲がラノベで登場! 運命に弄ばれたロミオとジュリエットが迎える、もう一つの結末とは?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ゆり

    少女小説仕様ですらすら読みやすく、それでいて私が思っていたより原作に沿った一冊だったかな。ロミオとジュリエットの台詞がロマンティックで好き。そしてひとめぼれからここまで恋に己を貫ける二人に、現代視点からより感情移入しやすくなっていたかな。ティボルトもベンヴォーリオも周囲の人々も切ない。エピローグでほの明るさがプラスされたのも、少女小説ならではでよいと思いました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アキナ

    少女小説版のロミオとジュリエット。ディカプリオの映画版の他は大まかなストーリーぐらいしか知らなかったので、気持ちよく楽しむことが出来ました。女性にはモテるけど恋を知らなかったロミオと、家に縛られたジュリエット。二人が恋に落ちるところや、ベランダで気持ちを伝え会うところは、微笑ましく楽しめましたし、すれ違いから不幸な展開になってしまうところは、切なさで目に涙が浮かびました。エピローグも私は好きです。こんな終わり方があってもいいですね。次のお話も楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はあす

    元のお話を知ってるわけじゃなかったけど、触れてみたら思ったより読みやすくて手が止まらなかったくらい先が知りたくて。なんとなくお話の流れは知ってたけど、やっぱり最後は悲しくて気付いたら泣きながら読んでたくらいよかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まい

    シェイクスピアのロミオとジュリエットを読みやすいラノベにしたお話。ストーリーは知っているけどちゃんと読んだことはなく、こういう流れだったんだ~と知ることができました。最後はもちろん悲劇なんだけど、エピローグを入れてくれたおかげで、幸せな気持ちで読み終えることができました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なこ

    シェイクスピアの訳者の推薦があったのでこちらも購入 読みやすくて思ったより軽くなくて原作好きとしては嬉しい 他の戯曲も読んでみたい 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/09/13
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784047279209

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK