愛探偵事務所の事件簿
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

愛探偵事務所の事件簿

著者: 愁堂れな (〔著〕)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • schizophonic

    『アイ探偵事務所』という名にした理由が「イエローページで一番最初に載るように」で、おまけに、探偵役が「相川」で、助手が「井上」で、最初の依頼人は「上田」とくれば、ミステリ読みとしてはニヤリとせずにはいられなく(後者は意図して似せたものではなさそうだが)、なにげに「数字錠」の話題にも触れているのも納得がいく。連作短編集で、本編と番外編で構成されており、本編では依頼を解決する。推理の筋道には飛躍があり、相川がプロットの説明役と化している点は気になるが、ヒネリを効かせた筋で読ませるものとなっている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とうは

    実は、やっぱり相川さんって凄い人なんですね(笑)ただのぐうたらじゃないんだと(笑)あんなに頭がきれて、事件の謎をあっさり解き明かすのに、万年あの状態の探偵事務所なのはなんかもったいない。井上くんが気の毒;そして彼は人が良すぎる(笑)やはり相川さんは井上くんのことをすごく大事にしていて好きなんだと、言葉の端々に感じるんですが!(笑)最後の相川視点のお話では特にそう思いました。やっぱそういう視点で読んじゃいます(爆)それならもっと楽しめるのになぁとwwあ、あと井上くんの名前は何なんだろう…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • M a i n *゚

    続編出てほしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 旅猫

    この話好きだったのですが、続編はでないんでしょうかね。皆に愛されるヒロイン井上くんが可愛かったのに。 ここから分離していくのが「オカルト探偵」シリーズなのでしょうか(美貌の探偵とその助手の主人公という構図)。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/03
  • 定価
    594円(本体540円+税)
  • ISBN
    9784757734890

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK