レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

レッド・アドミラル 羅針盤は運命を示す

本格派・軍服の麗人が繰り広げる海軍出世物語スタート!!
著者: 栗原ちひろ (著者) / 榊空也 (イラスト)
シリーズ:レッド・アドミラル(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「私が軍服を着ているのは戦うためだ」。軍服の麗人ロディアは容姿端麗頭脳明晰にも関わらず、転属願いを却下され続けていた。しかしランセ艦長に強さを見込まれ軍艦に配属されるが、乗組員は実力主義の曲者揃いで!?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 合縁奇縁

    男装の麗人が成り行きである船に乗り込み、乗組員の信頼を得て死んだはずの憧れの人とご対面。出世ものなので「彩雲国物語」とも似てるかな。あれは年齢詐欺だろ(笑)帯によると海軍出世物語と書いてあったので、出来れば続きを出してほしいな。「有翼人」と聞いて「レィティアの涙」を思い出しました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 秋製 

    これは少女向けです。マディス王国。士官候補生の試験を特例で受け、近衛隊に属するロディアは19歳、麗人。 彼女は海軍に転属を希望するも、いつも拒絶され続ける。へたな男より女性にモテる彼女は、ある貴族の男の逆恨みを受け命を狙われる。その窮地を救ったのは、ランセという青年だった。ランセは、海軍のレーン号の船長だった。最初はベルバラに似てるかと思ったけど、これはそれ程重くはない感じで、、面白く読めました。続きが楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 文庫フリーク@灯れ松明の火

    身の置場に困るので、ティーンズ文庫の棚は常に目的買いの一撃離脱!ヒット・アンド・アウェイだ。蝶のように舞い蜂のように刺・・されたな、ロディアに(笑)言ってみたいぞ、こんなセリフ。よし、鏡に向かって訓練だ。『頼む。どうか私に、君の崇拝者のひとりでいさせてくれ』・・・自分をいぢめるのは、よそう。正視に耐えない(大苦笑)旧神?クトゥルーでは無いな、エジプトっぼい気が。異能戦士にサイボーグ007が浮かんでしまうのは年齢のなせるワザ(苦笑)イラストではルーナ・ノアが良いなぁ。まだ序章にしかすぎない印象。次の巻では 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりもん

    ロディアが男前すぎる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 秋雨

    なんだか痒いところに手が届かない感じのお話でした。設定は好みの真ん中なのに、要所要所で少女小説としてのポイントから逸れてしまってるというか。終盤のヒロインの窮地を救うのがランセじゃなかったことも残念…(海の真横って立地から、もっとお約束的な展開を期待してしまいました)取りあえず二巻でもっとロディアとランセの間に何か進展があるといいな~。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK