みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりもん

    完結による再読。 そうかぁ、この巻から藍家の思惑で楸瑛もちょっと情緒不安定になっているし。 秀麗もいつもの癖で頼まれたら嫌と言えない感じでどんどん他の仕事が増えて自分が後回しになってピンチ。もうこの時から清雅は嫌な部分が見えて、タンタンがいなかったらもっと酷い目にあっていただろうな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あっか

    シリーズ第10弾。秀麗、そんなに苦労する必要ある…?ってくらい胸が苦しくなりました…でもきっと現実ではそうなんだろうな…分かってるんだけど、もっとこうファンタジーなんだからさ…と思ったりもするダメな読者(うーんでもきっと彼側から見たらまた全然違う物語があるのだろう…)。世界が広がるにつれ新キャラも続々と増え、そろそろ相関図がないと把握しづらくなってきた^^;笑 元々伏線がたくさんあるシリーズなので、ライトノベルとは思えないほど頭を使って読んでます!笑 秀麗、更なる試練の予感。がんばれ…! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みちゃ

    【朝廷・冗官編後編】彩雲国、第10弾!謹慎が解け、秀麗は登城することに。しかし王城では、冗官たちへの厳しい「リストラ策」が発表されていた。しかも候補には秀麗の名も!! 「猶予期間に、どこかの部署で必要とされること」という条件を聞いた秀麗は…どこまでも面倒見の良い秀麗。門閥、権謀術策飛び交う宮廷において、甘過ぎたことを痛感させられた。新たなライバル清雅の出現に、闘志を燃やす秀麗でした。タンタンがかっこよすぎるっ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kagetrasama-aoi(葵・橘)

    「彩雲国物語」第十巻。『緑風は刃のごとく』前巻から新章スタート。“タンタン編”と名付けても良いかなぁ…と思う程、タンタンこと榛蘇芳が活躍。表紙絵にも注目、特に耳飾りに(笑)。新キャラの陸清雅もわかりやすいライヴァルで、安心出来るし。茶朔洵はに惹かれたのは、「不良の男の子を私の愛で真人間に更正させるの!」みたいな感じでちょっとだけ苛っとしたけど、そんな心配はなさそうだし。そしていよいよ劉輝のお妃問題に焦点が当てられそう!秀麗はどうするのかな?次巻、楽しみ、楽しみ(*^^*)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 和夜

    彩雲国物語に出てくるキャラってみんな濃いですよね。ほわほわ要素の影月君が懐かしい…。タンタンは秀麗にとってすごく必要な人ですよね。静蘭や絳攸様達とは違うけど必要なことを教えてくれる人。黎深様はギャグとシリアスの切り替わり激しいですよねー。ホント残念な御仁です。にしても清雅は性格悪いよな。でも「正しい」んだよね。秀麗とは違った「正しさ」を持ってる。これから秀麗が清雅と関わっていくにつれ真っ直ぐ過ぎる性格にちょっと変化があったら面白いな。そして、まさかのリオウ登場。三人でご飯を食べてる姿には癒されました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK