千の翼の都 翡翠の怪盗ミオン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

千の翼の都 翡翠の怪盗ミオン

著者: 樹川さとみ (〔著〕)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • あちこ

    昼はドジな小間使い、夜は怪盗という二つの仮面を使い分ける少女ミオンの物語。 主人公のミオンちゃんめちゃくちゃ強くてかっこいい……恋愛要素が思ったよりほのかでやきもきしてしまったw この本で綺麗に終わってるんだけど世界設定も素敵だし塔の歴史とかクァゾとの因縁とかもっと見たかったし、続きが読みたくなっちゃったよね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 静間

    少女小説。今は人間の支配する都はかつては山野の民が暮らしていた。山野の民に育てられた人間であるミオンは盗賊となり、山野の民の宝を人間から取り戻す。/ミオンの葛藤が良く書かれている。人間に混じることも、山野の民になることもできない、家族を失ったミオン。/頭の良いお嬢様・朴念仁の巡剣使・鬼・実はやり手の王子と詰め込むだけ詰め込んでるのに混乱し無い。食にこだわってお話を作っているだけあって登場人物達の生活に無理が無い。これだけ良いお話なのに、旅立のシーンで終了。そして、続きが無い…。続き、未だに待ってます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さよ

    昼は侍女、夜は怪盗。侍女として仕える屋敷の主人は、怪盗を追う王都巡検使の青年で――!? という、ベタベタな設定が楽しい。序盤はわくわくしましたが、(実はけっこう重い)設定の割に話の展開があっさりしていた気はするかな。続きがありそうなのに、続刊が出ていないのが、もったいない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みかづき

    樹川さんの読み切り作品の、きれいに終わったような、けれど先をもっと読みたくなるような絶妙な読後感が好き。人と人との心が通う、ドラマティックな瞬間がみられるような気がする。ジューロとミオンのもどかしい関係もだけれど、ヴィエナと王太子の邂逅もよかった。そして鈴木さんの絵が本当に美しい。組紐のいたずらはとてもよかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 憂霞

    ロミジュリ的な王道って、すばらしいね…っ!もうミオンとジューロ様の両片思い状態にキュンキュンせずにいられない。特にジューロ様が無意識すぎて。なんという罪深さなのか。ジューロ様がミオンを見つけることが出来るのか、という点が気になって、今夜は眠れぬ夜になりそうですが、想像の余地を残しておく位が、ちょうどいいのかもしれませんね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK