りるれふ 赤ずきんと鏡の中の人狼
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

りるれふ 赤ずきんと鏡の中の人狼

人狼だーれだ? 大人気フリーゲームを制作チームの手によりノベライズ!
著者: むらさき (著者) / 春太郎 (イラスト) / 春紫 (原案)
シリーズ:りるれふ(ビーズログ文庫アリス)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「いってらっしゃい、赤ずきん。おおかみに気をつけてね」お使いに出た「赤ずきん」は、無残にも殺されたおばあちゃんと血まみれで笑う【人狼】に遭遇する!! 嵐の中を逃げ出し、寡黙な「狩人」に助けられた「赤ずきん」。辿り着いた館には、他にも雨宿りにやってきた4人の男女がいた。ひと時の安息――しかし〈事件〉は起こる! 殺されたのは館の主。この中に紛れ込んだ【人狼】はだーれだ?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 陸抗

    ゲーム未プレイ。おばあさんの家に届け物をしたとき、人狼に殺されたおばあさんを目撃した赤ずきん。逃げた先の洋館でも人狼の影がちらつき、誰が人狼なのか…。とにかく救いのないラストだった。鏡の中のあの人が入った経緯も知りたいし、ゲームだといくつかのエンディングがあるようなので、やってみたい。しかし、村人には最初から不利な条件だよなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yukipitasu(旧へいわⅥ)

    あのエンドのその後があった。どうなったか気になってたから読めて良かった。ああいう終わり方は結構好きだな。他の人過去などもわかった。春公開予定の「オオカミのしっぽ」が楽しみ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もも

    発売後一カ月以内に読了。文章はあれ?と思うところもあったものの、その後の話もあって面白かったです。イラストも可愛い♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆう

    あとがきで作者がいってたけど、これいまどきっとしないよ…ちがう意味ではドキッとするかもだけど。個人的には赤ずきんが犯人かと思っていたのでいい意味では期待を裏切られたかな?まぁ、皆殺しエンドなんですが。ゲームはしてないので、また時間があればやってみたい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 司苑

    ゲームプレイ済み。ゲームのとあるエンドの先の結末が読めた上に、赤ずきんにジシェが見えた理由も明かされる補完本。ただし少女向けレーベルから出ているので小説最後のあのシーンはゲームに無いです。メリバが好きな人ならこの展開も受け入れられるかもしれない内容でした。りるれふ前日譚の新作ゲームも出るようで楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK