きみの祈りを守る歌 天球の星使い
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

きみの祈りを守る歌 天球の星使い

私を守る貴方の真実が知りたい――。星が導く運命の恋!
著者: 天川栄人 (著者) / 加々見絵里 (イラスト)
シリーズ:天球の星使い(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

生まれた時から自分に宿る星の力を使う“星導士”が頂点に立つ世界、星の原。星をもたない少女・アステラを傍で守ってくれていたのは、謎の男・ロキ。でも彼の本当の目的も正体も、アステラには分からないまま。守られるだけなのは嫌――独り立ちを決意し、星導士の集う“学院”に足を踏み入れたとき、アステラの世界は変わり始めた……。「この子さえいれば、俺はもう何も要らない」星に導かれて、運命の恋が始まる――!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ゆう

    オリヴィア以来の天川さん。この方の独特な世界観が好きで、購入。今回は星の世界。星の力を使っての魔法などファンタジー要素もありながら、アステラ→ロキはわからなくもないけど、ロキからの感情をもっと表出していけばもっと恋愛も盛り上がったろうになぁとちょっと残念。でも続編があるのかな?あるなら読みたい。シリウスもアステラに興味を持ち同級生?としている事だし、学院編みたいなのがありそうだけど、どうなのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Piichan

    ロマンティックなイメージのある星座に差別や抑圧を絡ませたのは斬新だと思いました。学院への潜入もスリルのあるものでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハナ

    自分の持つ星の力を振るう者が力を持つ世界で、星なしとして生まれたアステラ。星なしが住む地下鉱山で正体不明の謎の男ロキと暮らしていたが、星なしの味方で義賊‘’夜の鯨‘’を摘発しようと星導士がのり込んできて...。この作者さんの「そう描くのか」という独特な世界観が好き。でも、それに比べてキャラクターに強烈に引き付けられるものが感じられなかったが残念。もう少しロキを深く掘り下げたり、アステラとロキの培ってきた絆を感じさせられるものを描いてたらもっと面白かったかも。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 浮草

    設定が面白い。また乙女な話だけど含蓄もある。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ばなな豆乳

    個性的な設定が得意な作家さん。ただ、もっと読みやすく説明を配してくれれば親切かなと思いつつ読了。記憶がない幼少期、保護者的な立場の謎の青年、星なしという立場や差別、そこから広がり始める世界。読みにくいなと思いつつ、先が気になりページをめくった。キャラクターの言動には首をかしげるところが随所にありつつも、なんだかんだで面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK