葉桜白拍子 咲く花こんこん
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

葉桜白拍子 咲く花こんこん

人気白拍子は義賊の少女!? 追う皇子と逃げる少女の危険な和風恋絵巻!!
著者: 河合ゆうみ (著者) / Laruha (イラスト)
シリーズ:葉桜白拍子(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

その身と引き替えに無理難題。「なよ竹の白拍子」の異名で今をときめく麗しき咲染御前。彼女の秘密は義賊・風子の一員ということ。ある日、標的と間違えて兵部卿宮である紅迅から紙入れを盗んでしまい……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真理そら

    図書館のカウンターで予約本として受け取ってどういうつもりで予約したのか理解できなくて困惑した。が、能をテーマにした『花は桜よりも華のごとく』シリーズを読むための予習として作者の本を借りてみたのを思い出す。義賊と白拍子を兼ねている葉桜の可愛さカッコよさと拗らし皇子の紅迅の恋に似た交流がさらさらと描かれていて気持ちよく読めた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 紅羽

    表紙買いでしたが、あの「花は桜よりも華のごとく」シリーズの著者さんだとは気付かず、読んでいる間ずっとそのシリーズに似ているな…と思ってました。正体を偽る白拍子と皇子さまの腹の探り合い。お互いが時折見せる幼さや、可愛らしさにドキドキする様が初々しいです。果たしていつ、どのような形でヒロインの正体がバレてしまうのでしょう。そしてちょっと気になるのが紅迅は現段階では白拍子の葉桜か風子の葉桜、どちらに惹かれているのでしょうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 幼くとも冷静で大胆で図太く頭の回転のはやい藍清様がクリーンヒットすぎました。美味しい。葉桜の懸命さや度胸も好ましかったです。白拍子のふるまいも麗しい。すぐひょいこら捨て子を拾ってくるお父さんも過保護なお兄ちゃんも好きでした。藍清様と「友達」になっているくだりににやにや。続きほしいなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凍矢

    自分的に満足出来た作品です。主人公の表と裏の顔の使い分けが綺麗にできてるのは、スゴいと思います。イラストが良いですな!薄い線で描かれていて、気に入りました。続きを書けるような感じにしてありますね。1巻だけも良いですし、続いても良いです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りんりん

    紅迅って知らない振りをしていて実は葉桜の正体を分かっていて…みたいなラストが来ると思ったら、本当に知らないまま両方の存在に惹かれていく展開でしたねー。これはあれですね、東宮は藍清がなって、義賊は追い詰められながらもきっと東宮ひいては天皇の影みたいな存在になっていくんだろうなぁと勝手に想像しちゃったんですけど、さてどうなっていくかなー。紅迅ってもっとやり手で鋭いのかと思ったけど、抜けてるところも多いのが意外でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK