銃姫 3 Two and is one
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

銃姫 3 Two and is one

それぞれの想いを胸に秘め、謎の「銃姫」の行方を追う3人。道中、彼らの行く手を阻んだのは、魔銃士の少年とその召し使い。
著者: 高殿円 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:銃姫(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

自国の民を救おうと、大国の王のもとへ嫁ぐ決心をしたアンブローシア。謎多き自らの過去と向かい合い、運命を切り開こうとするセドリック。穏やかな物腰の陰で、なにかを思い詰めた様子のエルウィング―。それぞれの想いを胸に秘め、謎の「銃姫」の行方を追う三人。道中、突如として彼らの行く手を阻んだのは、魔銃士の少年とその召し使い。ティモシーと名乗る少年は、セドリックの等級タグを狙って決闘を挑んできた。やがて吹き荒れる嵐から逃れ、一行がたどり着いた先に待っていたものとは。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 佐島楓

    うわぁ、意外にもエグい展開に・・・。だ、大丈夫なんだろうか。二巻から伏線は張られていたけれど、あまりよいこ向きの小説ではなくなっている・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 刻猫

    優生学的な目的の為の娼館とは、中々にえげつない。この作品の魔学は、語学の要素が強いと思っていたけど、化学の側面もある、というか重要なのか。銀と火で魔法を使うことに、こういう理由づけがあると、結構ニヤリとする。キャラと世界観の結びつけが巧い。読むほど世界観が広がっていく。だからハイファンタジーは好き。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひじきわかめ

    セドリックがあまりに純粋培養で、他人の思惑に対して無防備な会話で応えている。そこをターニングポイントにして、その先の展開が不幸方面にいく。それが読者は見えているから、歯がゆくてもどかしい。そんな内容だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 呉藍

    オリヴァントってだんだんまともな人に見えてきたなー……なんてレベルじゃなかった。まさかの繋がり? 年齢的にオッケーなんですか、とちょっとびっくり。たしかに顔かたちがそっくりだったと今頃気づきました。そういくと、じゃお母さんは……?と新たな疑問。でも怖いからあまり知りたくないと思うんですよね。アンもエルもけっこう自分のエゴで動いてますね。そんな中でよく頑張ってるなぁ、セドリックは。でも一番痛い目に会うのも彼なんだよねーとなんだか気の毒。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不以

    みんなして、愛が重い。冗談としてでなく、ガチでいつか嫉妬で殺し合いになると思いつつ笑顔で旅してることのヤバさ。娼館の双子が好き。病弱による依存と精神的依存の関係性がゆらぐ展開は、良さがある。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2004/12
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840112000

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK