花は桜よりも華のごとく 第8幕 百華繚乱
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

花は桜よりも華のごとく 第8幕 百華繚乱

伝説の舞い人たちが織りなす能楽恋絵巻、感動の完結巻!!
著者: 河合ゆうみ (著者) / サカノ景子 (イラスト)
シリーズ:花は桜よりも華のごとく(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

蒼馬不在の柚木座を救うため、帯刀皇子と結婚することを決めた白火。しかし、帝、氷見に報告をした直後、白火は謀反人の容疑をかけられてしまう。蒼馬はなんとか白火を取り戻そうとするけれど――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 真理そら

    作者はどこかで薪能を観て能に魅せられこの物語の第一巻を書いたとのことだが、その薪能の演者は誰だったのだろう、これほどのインスピレーションを与えたその能を観たかった。基本的には舞に憑かれた白火と蒼馬の舞の境地と恋が深まっていくシリーズだが、巻が進むごとに魅力的な新キャラが登場して白火に魅せられてしまう。こういう魅力的な新キャラが活躍すると肝心のヒーローの魅力が霞むものだけれどそういうこともなく蒼馬は魅力的だ。剣の皇子こと式部卿宮帯刀がいいキャラだけど彼は白火と共に舞うことができないから次の恋を待って貰おう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひめありす@灯れ松明の火

    始まりは一筋の刃が放った凶悪な銀の光。血の滲む悔しさもあっただろう。夜叉に身を貶す時も、鬼女になり果てる日も。月の光の冷たさに心凍てつく夜も、雷と風の嵐の晩も、皐月の風が吹き荒ぶ日さえ。だけど紅葉に護られた山里の城で、満開の桜の花の下の大舞台で、二人はそれぞれの人生を舞いながら、時にシテとしてワキとして、ツレとして、同じ舞台で存在理由を証明しようとした。今梔子の甘い香りの中、何にも染まらない白い衣装の二人、なんて綺麗なんだろう。蒼き細馬、白き篝火。二つの強い力に見守られて、日輪もまたキラキラと光を放つよ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュウ

    帯刀が男前過ぎる。舞人としてのこれからの二人も観てみたかったな。これで完結も寂しいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 絳楸蘭

    この二人がイチャイチャしていると安心できる。でも、帯刀さまや井澄さまにも同じようになってほしかった気もする…。黒幕に「オイッ!」って思ったけど、それだけ大事だったのよね。白火のせいって言っていたけど、人たらしもそろそろ自覚させないとまた事件がおきそう(苦笑)その時は、蒼馬さまはじめ殿方がたくさん手を差し出すんだろうけどね。ともあれ、めでたしめでたし!! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みとん

    ううーん。黒幕が彼だったことにビックリ。確かに「座に命捧げてます」みたいなところはあったけど。白火も手に入らないわ、相方も失うわって、井澄さんが可哀想だ。そんななかでちゃっかり白火を取り戻してる蒼馬が気に入らない!カイ、もっと強い術かけとけばいいのに(笑)朧と矢涼ももっと見たかったなー。ラストの大きくなった彼らが見れたのは嬉しいけど。氷見は何となく頭の良い姫とお互い政略と承知で結婚しつつ、よいパートナーになってそう(笑)井澄さんと帯刀皇子は・・・。独身?白火たちは双子どころか子だくさんになってそう・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK