お庭番望月蒼司朗参る! 神官修行と審判の日
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お庭番望月蒼司朗参る! 神官修行と審判の日

ピヨ四神様、悪戯好きに成長中!? 蒼司朗が知る、帝都の光と闇とは――!?
著者: 流星香 (著者) / 榊空也 (イラスト)
シリーズ:お庭番望月蒼司朗参る!

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

帝都城下を騒がせた蟲事件でピヨ四神に振り回され、己の力不足を痛感した蒼司朗。お庭番としてだけではなく、神官としての修行も始めることにしたのだが、慣れないことだらけで何をやってもうまくいかない。そんなある日、「審判の日」と呼ばれる儀式に立ち会うことになった蒼司朗は、帝都に隠された“光と闇”に直面する――!! この世界に生きるため選び取るものとは!? 少年の運命が花開く、お庭番シリーズ・第三弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 梅みかん

    帝都は蟲の脅威と引き換えに、うまく上手に蟲を利用し付き合ってる。 畑違いの神官修行で、できないことばかりの日々に落ち込んだりしながらも一歩ずつ前進。今回もピヨ四神様が可愛い。 チア姿の真澄ちゃんとか、菫の花冠を被ってる若様とか、見どころ多数。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 梅みかん

    今回は蒼司朗が落ち込みながらも、神官修行。回りますから見た蒼司朗への印象は良いものばかりではないけれど、努力を続ければ少しずつ変わっていく。ピヨ四神様達がブーイングしてたり、さらに感情豊かになっていて、可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りん

    最後の若様と真純ちゃんに持っていかれた。可愛すぎる(((*' '*))) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いお

    お庭番三作目。タイトル通りのお話。蒼司郎君はほんと努力家。頑張ってる姿を見て、皆に認められていくんだろうな、と。審判の日は、急にダークな内容になって、すごく重苦しかった。若様は最後にチラッとだけの登場ですが、レーターさんのオマケイラストと合わせて、萌えを提供してくださいました。奥庭も上の方からだと覗き見出来るのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろでぃ

    蟲が気持ち悪かった。でも、それを上回る柳生一族のピヨ四神愛で相殺されました。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/08/24
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784757750630

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK