けがれの汀で恋い慕え 少年陰陽師
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

けがれの汀で恋い慕え 少年陰陽師

智鋪衆の本当の目的の一端が明らかに――!? <厳霊編>第3弾!
著者: 結城光流 (著者) / 伊東七つ生 (イラスト)
シリーズ:少年陰陽師(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「お前の後継。残る寿命は、――」都に広がるけがれの連鎖と、昌浩たちが直面する残酷な運命――一途な願いの奥にひそむ覚悟とは……。そして智鋪衆の本当の目的の一端が明らかになる!<厳霊編>第3弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • フキノトウ

    何十年も前から敵側が邪魔な術者(優秀で)を呪い消してきたとか、やるせないです。この思惑を潰すのが昌浩だとしても、代償を思うと喜べない。暗く厳しい展開が続いてしんどいけれど、続き待ってます! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ガーガー

    今までみんなのために頑張ってきたのにまだまだ頑張らないといけない昌浩。どうしてこんなに悪いことばっかり起きるのか…。安倍の清明の孫として生まれた運命なのか。藤花とのやりとりは、思わずこれ以上昌浩に期待しないでくれ!と言いたくなったり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっしー

    本当に重たすぎる…。前作から話としての進展はありましたが、内容はどんどんとマイナスの方向へ向かっているようにしか思えません。昌浩の寿命、自覚がある上に周囲が止めても信念の為、守りたいものの為に自らを犠牲にして走り続けるのでしょうね。笑って迎えられる結末を信じたいものです。 個人的には久しぶりに太裳の活躍が見れて嬉しかったです。そろそろ青龍にも出番を期待します(笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • naona

    えっ、あれ?冥官大活躍。主役どころか陰陽師連中みんなくってる。成親との対決シーンが『篁破幻草子』かと思うほど。おばば様の名前ってまさか…。都に呼び戻された時がすごく昔に思えるけど、そんなに時間経ってないんですよね、そういえば。神将に怒られまくる昌浩がなんだかじぃさまに重なる。藤花に対する昌浩の態度が、予想以上に硬くなったのは、成長しただけじゃなくて微かな希みすら叶えられないと知ってしまったからだったのねと納得。それでもお姫様の願いを叶えてこそ、陰陽師!頑張れ、負けるな、晴明の孫ー! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    全ての寿命を彰子のために使う。昔からの昌浩と変わらないのに、容赦なく宿命は動いていく。 彰子と昌浩の御簾越しの対面は、泣いてしまった。 あの時は、そばにいられなくとも君が生きて幸せに成れれば、と言う感じだったのに、今はそれさえも許されない。でも願わずにはいられない、昌浩と彰子のこれからを。 早く次の巻をよみたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK