女神と棺の手帳 幻の花に捧ぐ告白
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

女神と棺の手帳 幻の花に捧ぐ告白

過去からの想いと恋が絡み合う、ラブ&ミステリ第5弾!
著者: 文野あかね (著者) / 高星麻子 (イラスト)
シリーズ:女神と棺の手帳(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

殺人鬼ライナスからケイトを守るため、別れを選んだイーノット。一方、彼の縁談話に深く傷つきながらも、女性初の医師になるという夢に突き進むケイト。だが、そんな彼女の前に護衛任務につく軍人・リックが現れ!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • フキノトウ

    おおっ!という展開だったのに。イーノットあそこまでしておいて、ケイト放置なのっ!?と目を疑いました(*゚Д゚)(笑)次の巻が最終回みたいだけど、はやく幸せな二人が見たいなー。イーノットの親友で殺人鬼・ライナスのケイトに言った悲痛な一言にやるせない気持ちになりました。ただ、凛としたケイトがかっこよかった。予想外に、イーノットの親友・リックが魅力的でした!次の巻でも登場しないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    イーノット少佐ひどい~という引きでしたが、ある意味少女小説の王道でもある展開を次々にしてくれるので、やっぱり面白い(ケイトごめん)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ノーマン……いいやつだなあ……! 会いに来てくれたマークにも涙腺が潤みました。きらきらした笑顔が眩しい。本当に素敵な約束だな。そして今回もティムがいい役。好きです。リオ不憫すぎてつらい。エリカは家の為にとか言っているけどだったらそれ別に絶対少佐じゃなくていし、その地位と権力は男を支えるためにあるんじゃなくて民を支えるためにあるんじゃないかなーと思うけども。いまいち自分に甘い覚悟だよなあ。イーノット、は……せめて図書館行く前に言伝るとか……いやそもそも別日にしようよ……。ライナスの結末はやるせない。鈴蘭。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • waqwaq

    ラブ&ミステリーな「女神と棺の手帳」シリーズ第5弾。時期的には最終巻が出てから読みました。今回はイーノットと殺人鬼ライナスの因縁やケイトの恋敵が現れたりと色々絡みあってハラハラしながら読みました。ミステリーの部分は思ったよりもあっさりと収束してしまい拍子抜けしてしまった感もありますがそれでも面白かったです。相変わらず恋愛面はジレジレですが、ラストに向けてイーノットが大きく動いたようでドキドキしました。この巻だけ見ればそんな終わり方!?と不完全燃焼な自分です(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 幸音

    表紙と口絵カラーが美しくてしばらく見入った。展開的には大きく動いたのに、思ったよりあっさりした流れ。ライナスの殺害対象である軍人の娘のエリカの登場で、彼女が医者を目指すケイトを理解できないところが辛かったけど、彼女は彼女で凛としていて憎めない。中傷を気にせず前を向くケイトの清々しさがかっこいい。リオの片想いが切ないけど、ノーマンに指摘されるまで気づかなかったとは。元気のないケイトを励ます優しさが素敵。そして最後の挿絵辺りにきゅんきゅんしたのに、イーノット、連絡すら寄越さないのか…!次巻は夏、完結が淋しい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK