お庭番望月蒼司朗参る! 追儺の儀式と最強の炒り豆
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お庭番望月蒼司朗参る! 追儺の儀式と最強の炒り豆

ピヨ四神様、鬼退治! 蒼司朗が頑張る『精一杯』の形とは――!?
著者: 流星香 (著者) / 榊空也 (イラスト)
シリーズ:お庭番望月蒼司朗参る!

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ピヨ四神様、鬼退治! 蒼司朗が頑張る『精一杯』の形とは――!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 梅みかん

    毎回無茶振りをされて、それでも頑張る蒼司朗は尊敬できる。周りからすると、蒼司朗が頑張りすぎるくらい頑張ってるから、余計にそんな状況にやきもきするんだろうな。蒼司朗は自分の無理には無頓着だから、篠原の気持ちの方がよく分かる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 梅みかん

    頑張りすぎる蒼司朗を篠原とか安藤とかが分かりにくく心配しててほっこり。とはいえ、大人組はもう少し配慮がいると思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 梅みかん

    努力するのは良いことだけど、それにも限度がある。物理的にやれるからって、蒼司朗の心に配慮しなくていいということにはならない。奏君の蒼司朗に対しての「この人にとっては、よくないことなのかもしれない」と考えてるところがよかった。篠原は良い子だなー。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もよ

    これまでとはちょっと違った感じ。篠原くんの蒼司朗くんに対しての心配が強く感じられました。(心配より不安感かなぁ?)あんまり頑張り過ぎるなよ、蒼司朗くん。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 天鈴

    今回の話は節分と鬼舞。徐々に四神の戦士たちに認められていくのがいいですね。今回は四神たちはあまり出番はないんですが、神官長を引き離そうとそれぞれがえいえいとがんばる姿がかわいかったです。ぜひイラストで見たかった。嫌だなぁと思っても叩いたりはしないのが蒼司朗のしつけの良さですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2011/04/27
  • 定価
    594円(本体540円+税)
  • ISBN
    9784047272064

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK