光炎のウィザ-ド 選択は唯一無二
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

光炎のウィザ-ド 選択は唯一無二

《学園》襲撃!? ロードマスターがリティーヤを守るために選んだものとは
著者: 喜多みどり (著者) / 宮城とおこ (イラスト)
シリーズ:光炎のウィザード(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

うっかりロードマスターの魔法陣に入ってしまったリティーヤは、危険区域の遺跡に飛ばされてしまう。そこにいたのはなぜか、氷の毒舌を持つゼストガと万年胃弱の先輩バドで!? 「光炎のウィザード」最終章突入!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりもん

    今回のバドの行動に驚き。何となくゼストガと同じ気持ちでバドを信用していたので、殺人等の凶行な事も出来るというシーンがあって彼はロードマスターに従う派閥なのかなぁ?と思いながら読んでいたら内部調査局調査委員としての答えはイエスかノーの二択という感じだ。いつでもゼストガを抹殺したりすることに躊躇いのない面を今回見せた。 一方ロードマスターの方もリティーヤとの運命を受け入れる覚悟を決めた為に、魔力を風と八月党の魔術師シルルトに奪われてしまった。何だかこのシルルトとロードマスターは夜の王の一部なのか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凍矢

    長い時間かけて、読みました。主人公とヤムセとの間に、何かが始まりかけて居る、感じでした。まさかの主人公が、キーパーソンだったとは。あれだけ、魔法が使えなかったのになぁ。成長してましたね、かなり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちょび

    謎の多かったロードマスターが活躍すると共に物語も佳境に。後半の戦闘場面でドキドキしたけど安心したー!ロードマスターかっこよい。ヤムセもやっと気持ちに気付いたっぽいけどまだまだじれじれ展開が続きそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • momo@高校生になりました。

    物語が佳境に迫り、リティーヤの自由に動ける範囲がどんどん狭くなる。ロードマスターの秘密と彼の《運命》。バドの秘密。ヴォルドの復帰。そしてヤムセの決意。研究室最初で最後の遠征に、不安が募る。何かを自覚したらしい彼と、初々しいゼストガさんが癒しでもあり切なかった。それぞれの決意とそれに付随する別れの予感をひしひしと感じる。寂しいし嫌な予感もあるけれど、続きも楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 花野

    激しい愛憎が交錯し合う中《運命》に縛られ追い込まれていくリティーヤ。彼女の前に立ちはだかるのは鋭利な白刃と激情に満ちた師の瞳。―おまえまで私のもとから去るのか―あの日の儚げな幼い少女の熱は彼の掌に記憶に深く刻まれ、今もすぐ傍で彼の凍てついた心に温かな火を燈していたのだ◆今回ロードマスターのことが急に大好きになったw厄介な人だけど多くの人々から頼りにされてたんだ…ええっバドさん!?どうやってそんな血生臭いとこで胃痛に耐えきってたんですか!?あとがきでびっくりしたこと→ヴォルドってツンデレなんですか…?(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK