死神姫の再婚 五つの絆の幕間劇
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

死神姫の再婚 五つの絆の幕間劇

それぞれの、「愛」の形。大人気シリーズ待望の、豪華短編集が登場!!
著者: 小野上明夜 (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:死神姫の再婚(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

アリシアとカシュヴァーンの間に設定された、ルアークの誕生日。誕生会を開催することになったライセン一家は、個性溢れる祝いの品を用意するが……そこに「やってきた」奇妙な誕生祝いとは!? また、ティルナードがセイグラムに隠れて外出をするあんな一日や、レネがバルロイから決別(?)するこんな大騒動など、五つの「絆」を紡ぐ短編集が登場! 死神妻と暴君夫、おかしな夫婦の日常は、いつも以上に甘~いラブが大増量!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ダージリン

    主役カップル以外の胸のうち・・・切ない感じが多いけど、みんな幸せになってほしい。この巻のいちおしは、エルティーナ様で! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まず表紙にどきゅんとしました! ルアークもティル坊ちゃんも強公様も、みんなにじんわりしました。切なくて、温かい。そしてエルさま…!ジスには勿体ない素敵な姫君!くっ、幸せになって欲しいです…! ばーーーーーか、に感動しました← 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 緑めがね

    ルアークさんのお酒を飲めない習慣...その理由が切なかったですが、意外と弱いのにちょっと安心しました。カシュヴァーンさんはどんどん残念な旦那様になっていきますが、それでも暗い影はついてきて...アリシアさんが彼の過去まで全て飲み込んでくれることを切に願います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふぉんだんしょこら

    ルアーク可愛い!ジェダの天然は一体どこまでいくんだろ…w ティルは本当に立派に成長してくれて嬉しい!エルティーナは大人の恋をしてるせいか甘くほろ苦い。レネの一途さとバルロイの男前っぷりは見ていてホッとなる。カシュヴァーンは…べたべたに甘いわ可愛いわでもう見てられない!w でもそんな中で語られる過去エピソードが一層残虐さと闇をくっきりさせるよね…。アリシアはいつでも通常運転なので安心しましたww 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なほまる

    「幕間」ということで短編集なのですが、エルティーナとバルロイのお話は「ふーん、なるほど」というところがあって本編補完な感じ。あとはレギュラー各々のベタ甘をそれぞれで書いただけでは?(笑)ルアークのもよかったけど、もう一捻り入れられたのでは?と思いました。次はシリーズ10作目の大台なので、ここまでを整理して一息ついてというもころでしょうか?次に大きな動きがあるのかもね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2010/10/27
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784047268395

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK