男装王女の波瀾なる輿入れ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

男装王女の波瀾なる輿入れ

男装王女、ますます天然発揮で敵国もメロメロ!? 勘違い輿入れ第2弾!
著者: 朝前みちる (著者) / 椎名咲月 (イラスト)
シリーズ:男装王女シリーズ(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

男装王女、ますます天然発揮で敵国の舅姑もみんなメロメロ──!? ……って、そんなことお兄ちゃんたちが許しません!! 勘違い輿入れラブコメ第2弾登場!!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 黒ごま

    清らかな脳筋ちゃんの内側からあふれでる聖なる光がまぶしくて直視できないアルトゥール君にニヤニヤが止まらない。わかりやすくもグッとくるツンデレをありがとう。ツンではあるけれどもう人が変わったほどにデレが充満していて気分がいい。帝国側の皆さんも彼女の光にバタバタ倒れていく状況ですごい破壊力だった。1巻では(このノリが続くときついかな……)と思っていたけど今はこれが気持ちいい。光の脳筋おそろしい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    空気を読めない(読まない?)ことで敵意を避けていくところがなんとも。人によってはと激昂されたりしますが。敵意の真っただ中、王子様に護衛されながらのほほん、自衛能力もばっちり。愛され姫様の自覚無し口説きにもうおなか一杯。でもって、照れると口悪くなって、またあわてて言い訳する彼に萌えー。オイシイ、もう一杯お代わり下さい 続きを読む…

    ネタバレあり
  • でんか

    どうにも脳筋ヒロインがクセになる。個人的な好みの問題ですが、私的には、どうもこのヒロイン、すごい好みのようです。ヒーローは割と良くいるツンデレ。あげくにヒーローの国でもツンデレだらけと来たもんだ。ヒロインが無造作に放つ一言で、メロメロになるツンデレたち、というお約束がどうも私の好みのようです。ヒーローはなんだか前巻と比べると、えらく外向きな性格になっていてキャラが変わったような気がしないでもないです。物語は今回はそんなには進行してないかも?とりえあず、次巻へのヒキがめっちゃ入って終わります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハルセ

    リュカリスのバカわいさに打ちのめされた。 そんな2巻。 今回は帝国編ですが、リュカリスの魅了の力は健在で行く先々で信者を着々と増やして行きますね。まさに可愛いは正義。 その可愛さの集中砲火をあびてるアルトゥールも本当に楽しくて、アルトゥールは持病の発作とは一生付き合わなくちゃならないんだろうな。 だいたい犯人はわかってますが、早く3巻読みたい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • anko

    ひたすら前向きで明るい王女と偏屈なツンデレ皇太子。設定も向っているエンドも悪くはないはずなのに、なぜか文章、ストーリーが不協和音を奏でてる気がするのは私だけかな?脳筋と何回出て来るのか数えようかと思うくらい連呼されてる。これは好き嫌いがはっきりする作品、作者かも。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/05/15
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784047346475

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK