茉莉花官吏伝 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

茉莉花官吏伝 2

1巻即重版御礼! 立身出世物語(シンデレラストーリー)、本格始動!
著者: 石田リンネ (著者) / Izumi (イラスト)
シリーズ:茉莉花官吏伝(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

科挙試験を好成績で合格し、新米官吏となった茉莉花。ところが珀陽は、「早く手柄を立ててね」とまたも無茶を言い出す始末。そんななか、赤奏国の皇帝が突如やってきて女性官吏に世話をさせろと言い出し……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 皐月

    科挙試験を二番の好成績で合格し新米官吏となった茉莉花。赤奏国の皇帝・暁月が白楼国に突然やってきた。今回の暁月の訪問もすべては珀陽の計画通りで、わざと傲慢で我儘なキャラを演じて、茉莉花と玉霞と振り回す暁月。いつか背後から刺されないように気を付けないと。珀陽の無茶ぶりに応えようする茉莉花はよかったです。茉莉花のこれからの目標は、禁色をもらうことに定まった。でも茉莉花は人が良すぎるから、地方に飛ばされても自分の手柄を横取りされそうで出世でるのか不安だ。暁月の朱雀の姿を見てみたかったな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あっか

    第二弾。茉莉花、文官スタートを切って最初の物語というところ。腹黒演技派な茉莉花、良いですね!副題にもなっている珀陽の台詞が感慨深い。ところどころ分かりにくい言い回しや心情がある気がするけど、細かいことを考えずに楽しみたいです^^ 後宮じゃなくて官吏として出世していく話は彩雲国物語以来かも。しかもこのまま地方に行く流れも…!ようやく暁月の話が読めたので、先に買ってしまった十三歳皇后〜を読み進めようと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    科挙試験を二番の好成績で合格し新米官吏となった茉莉花。赤奏国の皇帝・暁月が目的もわからぬまま突如来訪し、己の世話役を女性官吏にしろと言い出す第二弾。先輩女性官吏・玉霞と暁月の世話役となり、実質的に細々とした対応をこなしてゆく茉莉花。同僚や先輩女性官吏たちの官吏としてのありよう、そして皇后派と反皇后派・統一派と反統一派を巡る争いも垣間見えて、覚悟を決めて責任に向き合い、人のために奔走する茉莉花の成長と、そんな彼女と珀陽が交わした約束が印象的でした。大変なところを選ぶらしい地方転出でどうなるのか続巻にも期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    いざ官吏になり、記憶力に限らず、今までの女官として培った経験をも活かして活躍する茉莉花が小気味良い。でも前巻で活躍した結果が人の死につながったり、反乱をとめるためとはいえ辛い選択をしたり、それでも自身が目指す場所に進んでいく姿は応援してしまいますね!珀陽とは微妙な約束をしているけど(笑)、そうなってほしい~。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はな

    茉莉花が皇帝の影響あってか、どんどん可愛い悪女になっていく(笑)てか皇帝、さらっと求婚しましたね。茉莉花の才能が開花されていく様子が清々しいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/12/15
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784047347052

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK