佐和山物語 桜色の時はめぐり
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

佐和山物語 桜色の時はめぐり

時かける恋絵巻「佐和山物語」。ここでしか読めない、その後の物語――
著者: 九月文 (著者) / 久織ちまき (イラスト)
シリーズ:佐和山物語(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

あこと直継が離縁!? とある理由から実家に戻され、小一郎の許婚にされてしまったあこ。波瀾万丈な〈その後〉の二人をえがいた書きおろし「空蝉の君」など、計6作を収録したファン待望の短編集が登場!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • のほほん@灯れ松明の火

    優しいお話だったと思います。敵方だって、仲間うちで集まった時には、なんだか ほんわか和んでたように見えましたし、決して悪人ではないですし。。。 二人のこれから、そして周りの人達も幸せなんだろうなぁーと願いたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 伶夜

    チーム西軍の話が好き。 そして妖し人形の意外な使い道(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュウ

    短編集だけど、この巻で本当の完結。あの後の騒動について触れられている。小一郎には本当に幸せになってもらいたい。あんなに一途に想い続けていた人だもの、本当に幸せを・・・。このシリーズを読んで、井伊家のことを知りたくなった。何か良い本ないかしら? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もも

    再読も最後。小一郎がどうか幸せになりますようにと願わずには。しのと采女、西軍、木俣殿と主馬、本編では語られなかった面々の姿が新鮮だった。あこと母上の場面にうるっと。互いに支え合って強く生きていたんだろうなと思いを馳せてみて、また歴史が好きになれた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • さり

    おまけの短編集というよりむしろがっつり本編だった。そして幼なじみが切なすぎる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK