椿の花は月夜に咲く ふたり天女記
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

椿の花は月夜に咲く ふたり天女記

恋は決闘!? 珠玉の絢爛ファンタジー! 強き美姫の、予言に挑む旅が始まる――!!
著者: 佐々木禎子 (著者) / キリシマソウ (イラスト)
シリーズ:ふたり天女記

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

緑と水の美しさを誇る真雍国。博雅王の娘・椿姫には、微笑みとともに吉兆を、慟哭とともに凶兆を告げるという二人巫女が憑いていた。予言に守られた穏やかな日常に、どこか物足りなさを感じる椿姫。しかし一本の矢の飛来から、運命は大きく動き出す! 突然の魔物の襲撃、天女の仮面をつけた謎の男との出会い……心がざわめき始める椿姫にもたらされたのは、隣国の王子との婚姻話! 冗談じゃないとばかり、相手に決闘を申し込む決意をする椿姫だったが!? 恋と刺激と闘いのファンタジーがスタート!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 紅羽

    型破りなお姫様の政略結婚モノ…という印象です。最初は中華っぽい世界観を想像してましたが、明治や大正時代辺りの日本だそうで、どことなくキャラクターの衣装も和の中に中華が融合したようで素敵です。椿姫の政略結婚のお相手は誰か分からず、ラストになって実は…という王道な流れでしたが、まさかその後で二人が戦う事になるとは。色々と型破りなカップルですが、お似合いですね。最後の纏め方は、続編はないものとして書かれたのでしょうか。続編も購入済みなので近い内に読みたいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みあ

    無鉄砲王女の成長ものだと思われますが、宰相・オルガの変人ぶりにすべてもっていかれました。楽しかったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや

    オルガ素敵すぎ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪璃

    久しぶりに再読。スーパー歌舞伎とあったがい言えて妙。色々とつっこみ所はあるんだけど、好みでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • pomme

    続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/02/26
  • 定価
    594円(本体540円+税)
  • ISBN
    9784757747142

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK