鬼嫁さまのおてなみ拝見! 鬼の恋守はじめました
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

鬼嫁さまのおてなみ拝見! 鬼の恋守はじめました

ふつつか者ですが……おしかけ“鬼”嫁になりました!
著者: 時田とおる (著者) / 三浦ひらく (イラスト)
シリーズ:鬼嫁さまのおてなみ拝見!(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

働き先をクビになり、新たな奉公先を訪れたりん。だけどそこは、巷で噂の『鬼屋敷』。到着早々、美しくも恐ろしい鬼・柘榴に捕まり、絶体絶命のピンチ! しかしなぜか一緒に子鬼達の“子守”をすることになって?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 時田とおるさんの専門分野は一体・・・?を持ちつつ作者買いで一気読み。 「暗闇を解決する」方は面白かったのに、これは微妙。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 嫌いじゃない、でもあと一声!って感じの物語でした。もう少し密度が欲しい。たった数日で頑なな3人に家族同然と認められたことを、読者に納得させるくらいの密度が。あとは主人公も頑張り屋だし、双子は可愛いし、ヒーローも分かりにくいけど初めから優しいですし、ホームドラマが好きなら楽しめるかも。それから私が集中出来ていなかったせいかも知れませんが、物語に引き込む力が少し弱い気がします。ストーリーの流れも、キャラも嫌いじゃないのに、なぜか集中力がぶつぶつ切れる。筆力が上がってくれれば、もっと面白くなりそう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TAMA

    まっすぐゆえに気の毒な事になった主人公。もっといい方法があったんじゃないかって反省するのは良い事。だけど、考えて迷って機を逃したら後悔する。柘榴のいうことに納得。「賢い」にズルがつくより、「馬鹿」に正直が付くほうが人生振り返っちゃったとき辛くないです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちいたけ

    柘榴、落ちちゃったわけね。(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • マチ

    ケイとショウの双子が可愛いかった。そして何気にコマも気に入った。何か微妙に展開が納得しずらかったけど。特に緑閃、そこまで反射神経やら勘が良いと人間感薄れるんだけどなあ。それと緑閃が最初から持ってた皆とお揃いの貴石は誰の?って思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK