アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アドリア王国物語 幻黒の騎士と忘れじの乙女

亡国の最凶騎士&“絶対記憶”の少女が織りなす運命のラブ・ファンタジー!
著者: 文野あかね (著者) / 天野ちぎり (イラスト)
シリーズ:アドリア王国物語(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王国の城壁に囲まれた街で歴史書作りを夢見るエマ。だが、『聖杯』の行方を記した書を追う三人の騎士と出会った日、殺人の罪で父が捕縛されてしまう。相性最悪の騎士バルトは、エマの“絶対記憶”を使えというが!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 合縁奇縁

    前作のデビュー文庫「女神と棺の手帳」は1巻で挫折してしまったけど、今回はテンポよく話しが進んで読みやすかった。「絶対記憶」を持つ少女エマが、父親が犯人扱いされた事件をきっかけに知り合った3人の騎士と一緒に何でも願いが叶うと言う伝説の「聖杯」の騒動に巻き込まれて行く話し。キーパーソンの「先生=吟遊詩人」の出番がわりと早かったな。エマとバルトの掛け合いが面白かったし。こんなに口の悪いヒーローは珍しいかも。前作の「軍人」→「騎士」に「手帳」→「幻黒の書」に代わっただけで、また似たよう展開にならないか心配です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    物事を全て記憶している主人公・エマ。それは、良いこともあるだろうけど、忘れたいのに忘れられないなんて、辛いだろうな。そして、甘い展開になるかなというところで、見事に雰囲気がぶち壊されるてしまっていたので(そういうのも好きです)次はもう少し甘い展開になってほしいな。続きがはやく読みたいです。面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    三人の騎士と絶対記憶を持つ少女の出会いの物語・・・王道ストーリーなので、安心して読めます(笑)。これからの関係性の変化が楽しみ♪ イラストも綺麗で、表情などとても良いです! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Piichan

    オーソドックスなファンタジーでむかしのライトノベルを読んでいるような感じがしました。カバーイラストはエマのかわいらしさとバルトの重さを両立させていてよいイメージです。これからエマの特異な記憶力がどのように発揮され、その能力ゆえの苦しみがどう描かれていくのか注目したいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • sio

    忘れられない少女と主をなくした騎士と愉快な仲間達なお話 なんで私の好き作家さん達は聖杯伝説を好むんだろーと思いながらも楽しんだ 物語の序章 出会い編みたいなので続きが楽しみ もうちょっと糖度が高ければなーと思いながらも口が悪いヒーローの成長に期待 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK