招きの音に乱れ飛べ 少年陰陽師
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

招きの音に乱れ飛べ 少年陰陽師

忍び寄る新たな怪異――。新章<道敷編>開幕!!
著者: 結城光流 (著者) / あさぎ桜 (イラスト)
シリーズ:少年陰陽師(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

時は平安。尸櫻の騒動からひと月ほど経ったが、いまだに晴明は眠ったまま。じい様を目覚めさせるため奔走する昌浩ともっくんだったが、巷で起きている失踪事件の現場に遭遇し…?新章<道敷編>スタート!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    すっかり大人びた面差しに、ふと幼い頃の面影が甦る事がある。雑鬼を胸に抱えた慌てた姿、ぐしゃぐしゃにした髪。そして螢を目にした時。未だ果たせぬ約束。舞い散る桜、飛び交う蛍。もう求めてはならないと何度も戒めたのに。やっぱり、俺が護るよ、と。その声に呼ばれたら、戻ってくるから。ムシの知らせより早く。君を護りに。どんなに悲しくても悔しくても、死んだ人間は戻らない。戻しちゃいけない。だけど、生きているから。互いの隣に誰も居ない。それは幻の蛍。決して叶わぬ願いだけど、陰中の陽。夏の夜に浮かぶ唯一つの光として心を照らす 続きを読む…

    ネタバレあり
  • な〜や

    このシリーズも短編集・外伝含めると通算43冊目、これだけ数を重ねると、新章突入に伴い全く未知の敵が……ではなく『以前対決して倒したはずの強敵が再び現れ……』って展開もありうるよね。『道敷編』何て読むのかと思ったら"ちしきへん"、ん?ちしき?以前聞いた名称……と思ったら……!まさかここに来てあの敵が!前章から続く都の木(気)枯れ、晴明のあの状態と不安要素盛り沢山の中、成長した昌浩、そしてもっくん=紅蓮は因縁の相手にどう立ち向かうのか?平常心で戦えるのか?続きが楽しみだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    相変わらず不穏な展開が続きますね。そろそろ明るい話が読みたいな。とりあえず件は出てこないでほしい(笑)昌弘と藤花のシーンにホロッときました。昌弘、頼れる男になったなと実感した良いシーンでした。敏次のことが、心配です。そして、冒頭にあった無邪気で怪しくない妖の部分で笑ってしまいました(^_^) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ダージリン

    新章に入りましたが「木枯れ」と「黒蟲」が重い影を落としてます。でも、久しぶりにもっくんが昌浩のそばにずっといるし、昌浩と彰子の御簾越しのシーンは切なさに泣けますが、このふたりならそれでも大丈夫に思えてきました(でも、御簾は憎い・・・笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きょん

    久々にこのシリーズを読んで、表紙絵が既に「青年」だなと思ったら昌浩18歳になってたんですね。平安時代で18歳なら完全に大人だなあ。そして彰子との御簾越しのシーンはいつもキュンと来る。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK