月華鬼 緋色の異端者と主従契約
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

月華鬼 緋色の異端者と主従契約

この中に一人、偽者がいる――。 常識を超えた主従≠友情の物語!
著者: 文里 荒城 (著者) / 由良 (イラスト)
シリーズ:月華鬼(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

鬼を退治する退鬼の術が使えない劣等生の汐月は、ある日同級生に絡まれていたところを類まれな力を持つ上級生の夜一に助けられる。
実は、汐月と夜一は「共に生きよう」と誓いあったかつての幼馴染。
久方ぶりの再会はさぞ涙……と思いきや、いきなりぶん殴られ「テメエは一生俺の下僕だ」と命令され!? 
友情が主従に変わる時、幼き誓いは形を変える――!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 虚と紅羽

    二度と読まない。 オビのコメントから意味分からない。 自分から避けてるわりには「友達ではない」と言われると動揺する。 上級の鬼だと思ってる相手の「友達」だと思われる「人間」を取引材料にする意味。普通に考えて「食料」でしょ?鬼の仲良くしてる相手なんて。 なんか残念だし面白さがない。設定が生かしきれてない。 蘇芳は沙月の父親でFA? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 水無月冬弥

    #ラノベ 現代異能バトルだと思ったら違った現代風異能バトル。ビーンズログ文庫らしい、友情(?)もの。コテコテですが、だがそれがいい。回りのキャラもいいですし、話が続いていくといいですね 続きを読む…

    ネタバレあり
  • いきもの

    中二すぎる表紙や設定に面食らったけど、読んでみると思いがけず面白かった。まっとうなニアホモ友情もの。無邪気に人の心を溶かすキャラは、ベタだけど好き。 帯や表紙から、一人裏切り者を探すのかと思ったけどそうでもないので、ミステリや犯人探しを期待してはいけない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • エリオちゃん

    シンプルで分かりやすいのが一番って感じか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 愛華

    最初の先生の説明で、主人公が鬼であることが想像ついた。しかし先生の説明から、強い鬼だから校内にいられるんだろうなと期待してたのに、実際は半分人間だから。正直落胆。ここは鬼の中でも一等強い存在だから的な理由が良かった。成績最下位なのもわざとで、的なのを期待した。設定の素材は悪くないと思うけど、色々惜しい感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/06/15
  • 定価
    682円(本体620円+税)
  • ISBN
    9784047350892

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK