お庭番望月蒼司朗参る! ヘンペルのカラスと希望の種
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

お庭番望月蒼司朗参る! ヘンペルのカラスと希望の種

「オレの清ちゃんを信じる!」帝都を狙う敵との最終決戦が始まる――!!
著者: 流星香 (著者) / 榊空也 (イラスト)
シリーズ:お庭番望月蒼司朗参る!

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

皆の記憶から消えた清志朗――蒼司朗の前に現れたのは、その彼にそっくりな“魔界侯爵レラジエ”だった! 圧倒的な力を前に、己の無力さを痛感する四神の戦士たち。悪魔の出現により、帝都は最大の危機に見舞われる!! そんな中、篠原勇輝は「お庭番」の力の本質に気づくが……? そして蒼司朗もまた、ひとつの決意をしていた。「オレの清ちゃんを信じる!」少年の運命が花開く、お庭番第四弾!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • TAMA

    清の内助の功有ってこその生活だったんだなあ。いなくなって初めてわかる突っ込み不在。記憶が消されても残るなにか。それは頑張ったことへのなにかなんだろう。はよ帰っておいで。あんまり好きじゃなかった望威なのだけど、指摘されて気が付いた。同じ人格になっている自分。すいません。はたから見るとこうかー↘反省。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つーりん

    ついに次回で完結! 淋しいような待っていたような・・・。篠原君が何に気づいたのか。ビヨ四神サマは大きくなるのか。ハイムダルはエンディミオンの存在を知るのか。おもいっきしの大団円がいいなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 月宮

    完結なんていやだああああ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つーりん

    シリーズ再読23 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK