染まれ君よと、恋に舞う 竜宮輝夜記
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

染まれ君よと、恋に舞う 竜宮輝夜記

神竜にすべて捧げたはずが、東宮の妹背に!? 和風恋絵巻!
著者: 糸森環 (著者) / 青月まどか (イラスト)
シリーズ:竜宮輝夜記(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

竜を統べる女王・斎花となった紗良は、彼女が大事な由衣王たち四竜の領域に隠されてしまう。しかし斎花は国の巫。その務めを果たさせて欲しいと説得にやってきた使者は、正体を隠した東宮・槙成親王で……!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • さや

    ★★★★☆【シリーズ第2作】竜の方々の捩れた天の邪鬼な性格を読むことが出来て嬉しい限り。ただのいつもの日常で1冊費やしてもいいと思ってるくらい紗良に構う竜が大好きだから、離れている時間が長い今作は残念無念。それにしても未だに肉を食べさせたがっていたのね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フキノトウ

    シリーズ② 相変わらず、厳しい言葉を投げながらも内心ではオロオロしている竜達が可笑しい。助けに来たのかと思いきや肩にもっふりと乗る白羽がかわいい。あとがきの、糸森さんの「火あぶり+磔形」が鞭展開の序章...という作品がそろそろ読みたい! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • でんか

    ふつうなかんじ。シリーズ二冊目。だいぶ積読してた。読むのに気合がいる感じの本。前作と同様、ひょいっと突っ込んである糖度高めのシーンがええですな。ツンデレ上等な竜の皆さんと、事情がよく呑み込めてないヒロインのお話。それは竜の皆さんが、すっかり彼女包囲網をがっちり敷いていたから。徐々にヒロインが理解し始めている様子の描写がお上手だなあと思うことです。しかし、竜の皆さんが誰がどういうキャラだったのか今一つ頭に入らなくて、由衣王のところだけかろうじて分かるくらい。私の中では、他の三人の存在意義は一体…という感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ゆうな

    ★★★★☆相変わらず竜たちはツンデレを拗らせてるが,前巻よりもさらにヒロインに過保護。ヤンデレ方向に暴走しそうなのが1名いらっしゃって笑った。そして今回もやはり竜の心の声がダダ漏れのサービスタイムがあってニヤニヤ。ただ,後半に竜と引き離されてしまうのは残念。もっと竜との交流メインで読みたかったな。でも本命であろう黒竜が一際独占欲をあらわにしてくれたのは萌えた。誰か1人とくっつくなら彼なんだろうなという予兆を感じつつ,ヒロイン短命問題等もまるっと解決してるから,もしかしたらこれで完結でもおかしくはないのかな 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや

    こーれーはー、私の大好きなー若干ヤんでるんじゃないの?溺愛しすぎてるよねー。そして逆ハーっていうドストライクな話ですね(再確認)今回は前作最後に白貂に乗ってやってきた東宮もご活躍!?どこぞの卿っぽかったなぁ(笑)宮中は魔物が住んでますよ。え、どこにかって?それは人の心です(銭形のとっつぁんが思い浮かんだw)。たった一言、高貴な人が不用意にポツリと呟いた一言が廻り廻って、大きな災となる。口は禍の門とはよく言ったものです。東宮の後ろに控える侍従も助さん格さんのようでいとをかし!続いてほしい、このシリーズ☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK