ハミルティアの花庭 壊しの聖女と赤炎の王子
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ハミルティアの花庭 壊しの聖女と赤炎の王子

”破壊”から始まる恋もある!? 至高の宝石花を巡る、ドラマティック・ファンタジー!!
著者: 香月沙耶 (著者) / 羽鳥まりえ (イラスト)
シリーズ:ハミルティアの花庭

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王庭でのみ芽を出し、花開く瞬間に人の手が触れることで至高の結晶となる『富貴花』。”壊しの”セラフィーナは、『富貴花』を咲かせる学校でトラブルばか り巻き起こし、ついに退学になってしまった。実家に戻る前日の夜、ペットのカシュカシュを探して花庭に迷いこんだセラフィーナは、見知らぬ青年が咲かせて いた『富貴花』を誤って粉々に壊してしまう……! ところがそれを見た青年から代償に「俺の妻になれ」と言われて――!? うるわしの花庭に咲く、華麗な ドラマティック・ファンタジー開幕!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 梅みかん

    高価なものほど壊してしまう美少女の主人公と、粗野に見えて咲かし手を持つ悪い噂の絶えない王子様。最後は恋が芽生える。。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りう@ハンドメイド製作中♪

    よくいえば主人公が無垢で世間知らずだが、読んでて思ったのは一本ネジの外れた感じが強かったかも? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • トヨ

    サクサク読めてキャラたちも個性がしっかりしてて良い。ツンデレ俺様王子にはニヤニヤしてしまう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しゃちおおかみ

    思ってたより面白かったです。イラスト見る度、イヴァン殿下の熱血ヒーロー髪型をなでつけたい衝動にかられる。今どき珍しいZ。ひょんなことからうっかり婚約した相手がいい人でよかったね、セラちゃん。しかし気付くとキスもしてなかったんだね、この話・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なりた

    周囲にどう思われているかを自覚していてだからこそ近しい人にもそっけない態度をとってしまうとかいいんだよ。ついでに最初は都合のいいだけの道具みたいにしか見てなかったのにそこから始まる恋愛とか! 邪険にされてる兄とかマイペースそうな未来の兄嫁&双子侍女とか実は笑い上戸なんじゃな従者とか周りの人たちも厭味みたいなのがなくてよかった。ヒロインも天然っぽいけど言うときは言うし行動力もありそうなところもいいよね? 微妙に『死神姫~』を思わせるけど続きが楽しみかも。★★★★★ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/09
  • 定価
    616円(本体560円+税)
  • ISBN
    9784047260108

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK