偽りの巫女は王を択ぶ 五竜の国
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

偽りの巫女は王を択ぶ 五竜の国

性別を偽り運命に挑む少女が手にするものとは? 運命の和風ファンタジー!
著者: 和知 杏佳 (著者) / このか (イラスト)
シリーズ:五竜の国(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

神剣の意を聞き、王を選ぶ斉家に生まれた日夜子。その役割は男性に受け継がれるが、都からの使者に妹を人質にとられ、男装し偽りの選定をすることに! ところが、五竜の一人・白金竜鎮に選定の真偽を怪しまれ……?
電子特典「とある家人の独り言」を収録!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 虚と紅羽

    乙女ゲームのシナリオ読んでる気分。最終√分岐は白金竜でした。途中、玄水竜や黄土竜や孝保(隠し)√の匂いもあったけど気の所為だったようだ。1人にポイントを絞った話というよりは話の軸になる5人の王候補、竜に焦点を当てた内容。乙女ゲームの√分岐前の『攻略キャラを良く知ろう!』パート。 碧木竜と紅火竜はもう少し話が欲しかった。黄土竜は最後の最後で面白くなったからよし。 脅されて男装して女人禁制の場所に潜りこむ、な設定はもはやテンプレ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    な、謎がいっぱい残っているけれど続くのかな?? できれば続いてほしい! 設定が面白いな。 でもなぜ、日夜子の家は、あんなに没落してたのかな。最後に出てきた孝保のもっと上の人?おそらく土の家の人が手を回したのか。そもそもなぜ女が国に携わっちゃいけないのか。歴史の改変がどこかでされてるような気がする…。 鎮様と日夜子はどうなるのか気になるなあ。 続きを、全てを詳らかにお願いします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • つぐつぐ

    設定いっぱいで続くか!?というところで終わってるけど、続きは今のところ出てないみたい。 王道だけれど、謎が多くて、甘さも控えめなので続きが出るといいなぁ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっしー

    王道展開ですね。好きだから良いけど…思わせぶりに黒幕が出て来たんだから、ちゃんと収拾つけて欲しい所ですがどうかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • めー

    ちょっと起伏が乏しかったかな。誰が選ばれるか丸わかりなせいもある。敵役もすぐにわかるし。最後に黒幕がわかるくだりは良い。シリーズ、と書いてあったし、黒幕チラ見せだったので二巻以降も出そう。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK