凰姫演義 革命が呼ぶ恋の波乱!?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

凰姫演義 革命が呼ぶ恋の波乱!?

幼なじみの革命軍頭目にさらわれて、恋も国も、危機一髪……!?
著者: 中臣悠月 (著者) / 伊沢玲 (イラスト)
シリーズ:凰姫演義(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

伯龍と婚約したものの、進展がなく悩んでいた紅蘭。そんな時、幼なじみ・啓徳が盗賊になり、さらには董国打倒の革命軍頭目として現れる。戦を呼びそうな彼が、「昔から紅蘭と結婚したかった」と想いを告げてきて!?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 紅羽

    シリーズ2作目。これで完結なのか続くのか分からない感じですね。前巻で伯龍と婚約した紅蘭。これから甘い展開が…という前に、まだ国が安定しない事には中々落ち着けない二人。そんな中、紅蘭の幼なじみの啓徳が現れて事態はどんどんキナ臭い方向へ…。怒濤の展開で中々会えない二人ですが、その中でも国の為に学び、より成長し高めていく紅蘭の強さに引き込まれました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nekoja

    敵も味方も脇役も甘々な人ばかりで、イラストが可愛いのもあいまって、思わずツッコミ入れまくりでした。ふわふわの夢の国。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    なんで、こんなにヒロインが好かれるのか。伯龍かわいそう…!というより結婚いつするの…? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りゅりゅ

    宰相暗殺しちゃえとか、こんな人のいいお姫様なんて騙くらかすの簡単だろとか色々思ってしまう汚れた大人が私。この本の正しい対象年齢はちゃおとかりぼんとか読むまだ純粋な心を残した年代だろうな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 人が生きるとは、働くとは何か、考えさせられる内容。深いテーマですが、文章が簡易で読みやすいのと、先が気になるのとで、スラスラ読めます。読みづらい文体が多い少女小説には珍しい文章。途中までミスリードさせられ、結末に驚きました。ふつうに面白かったです。一昔前の少女小説っぽい感じ。最近はイチャイチャしてるだけの恋愛小説の方が好まれるのでしょうか。こういう深いテーマの少女小説も、もっと読みたいですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK