異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います 2

【電子特典付き】発売即重版のWEB話題作!勘違い王女の溺愛・異世界ラブコメ第二弾!
著者: 蓮水 涼 (著者) / まち (イラスト)
シリーズ:異世界から聖女が来るようなので、邪魔者は消えようと思います(角川ビーンズ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

王太子ウィリアムと婚約し、乙女ゲームであるこの世界の破滅ルートを回避したフェリシア。だが、またも記憶が蘇って――ルート変更のせいでウィリアムに死亡フラグ成立!? そんなの絶対回避と、彼を守ろうと一人奮闘するも、従兄・テオドールが突然求婚してきて大波乱! なのにウィリアムは、相変わらず甘い言葉で邪魔してきて……彼を守りたいだけなのに――!! 

WEB発・ヤンデレ王太子×勘違い王女のイチャラブ絶好調!

【電子特典付き】
フェリシアの兄・アイゼンの隠された本音を描いた、書き下ろしショートストーリー、『アイゼンの想い』を収録。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 3
    読みたい

みんなからのレビュー

  • かなで

    乙女ゲームの世界に転生した悪役令嬢フェリシアは、攻略対象者の大国の王太子ウィリアムとのハッピーエンド、さらに聖女サラとの友情を育み、話は終わるはずだった。だが、また断片的ではあるが、ウィリアムが殺害されることを思い出す。魔物を浄化する薬の開発とともに、ウィリアム殺害を回避しようと奔走するフェリシア。そこへ、薬の大事な薬草を贈ってくれた従兄テオドールが現れて、事態は大きく変わる。 →テオドールの空気の読めなさにいらつくものの、ウィリアムのテレ顔を挿絵の最後に入れてくれたことで全てがどうでもよくなった…(続 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S

    毒草も含め薬草が好きな変わり者王女だったフェリシアが前世の記憶と乙女ゲームの設定を思い出し、王太子との婚約破棄を目指した騒動の後。実は乙女ゲームにはFDがあってそちらでは選ばれなかったヒーローの死亡ルートがあることを思い出したフェリシア。ヒロインである聖女が王太子ではなく騎士と恋仲になったため、婚約者の王太子が死んでしまうかもと思い、危機回避に奔走する2巻目。かつて何度も自分に毒を盛り、他国へ嫁いだ異母姉との因縁も絡んでくるけど、本編読んでも電子特典の異母兄視点読んでも一番悪いの実父じゃん!ということ。→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 莉芳

    お兄様の登場最初だけだった!!残念!!!でもイラストあったから幸せ。育った環境のせいもあるけど、あんなにはっきりテオドールが好意を伝えているのに全てスルーとか結構酷いなフェリシア。ブリジットも哀れだけど、嫁いだ先でも好き勝手してるし自業自得かな。最初の鬼ごっこもここに繋がるのか!と驚いた。前作で嫌がられを受けているフェリシアをあえて助けようとしなかった殿下の好感度、今作ではちょっと上がった(笑)。というかさり気なく教会で魔物を飼っているとか爆弾発言してるけど!そこ片付いてないよね…?まだ続きがあるのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 絵美

    乙女ゲーム世界に転生した大国の王女ヒロイン。他国の王太子に溺愛され婚約者となるが、更に思い出したゲームの内容によると、今度は王太子死亡ルートに突入した可能性があり……。 何度も毒を盛られ死にかけた結果、薬草毒草マニアとなったヒロイン。真の毒好きはまず我が身で試さねばならんのか…。ってか、真の毒好きって何(笑)。前巻で瘴気を祓った薬を再現するためのプロジェクトチームメンバーも、なかなかアレだったなぁ。出来ればこのメンバーが、本当に活躍して素晴らしい薬を作るところを見てみたいものだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    ヤンデレ王太子ウィリアムと婚約し、破滅ルートを回避したフェリシア。魔物を浄化する薬開発とともにウィルに隙あらば甘やかされる日々を過ごしていたのだが、今度は彼に死亡フラグが立つ本巻。従兄のテオドールが登場してのごちゃごちゃした展開がありつつ、物語はフェリシアをいじめていた姉との最終決戦に向かう。思った以上に浅はかな黒幕たちの自爆もあって事件の顛末はあっさりとしたものの、ウィルの一人勝ちのみならず、聖女サラの活躍もあってのハッピーエンド。フェリシアがラストに頑張ったのがまた心地よい。次巻はあるのだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK