異修羅 IV
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

異修羅 IV

「このライトノベルがすごい!2021」W1位獲得作、待望の第4弾!
著者: 珪素 (著者) / クレタ (イラスト)
シリーズ:異修羅

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

絶対無双たる十六名の修羅を争わせ、“本物の勇者”を決める六合上覧。
凄惨な破壊をもたらした第二試合が終わり、次なるは、第三試合。柳の剣のソウジロウ及び移り気なオゾネズマ。
一目で相手の殺し方を見出し、伝説すらただの事実へと堕する頂点の剣技を振るうソウジロウに対し、謎多きキメラのオゾネズマが用意していた“手”とは――。
そして六合上覧の裏では、黄都、黒曜の瞳、オカフ自由都市など、各勢力の思惑が交差し複雑に絡み合っていく。
全員が最強、全員が英雄、一人だけが勇者。“本物”を決める激闘は熱を帯びていく。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ハイちん

    本物の勇者を決めるトーナメント、六合上覧。4巻では第三~第五試合が収められています。前巻までは私が応援した方が負けていたのですが、今回は私が応援していた方が勝つという現象が確認できました。この作品の優れているところは、ほとんどのキャラにも然るべき重み付けがなされていることです。もちろん名前のない噛ませやモブは出てくるし彼らはあっさり退場するのですが、名前を与えられたキャラに関しては強者も弱者も勝者も敗者も死者も輝いています。だれにでも輝く可能性があるゆえに先の展開が読めず、作品の魅力が高まっています。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    この世界は悲しい話ばかりだ。本物の魔王の爪痕は深く、闇に囚われた人々の救いは遠い。 それでも生きている人々の在り方は尊いと思うけれど……六合上覧は、様々な思惑が混ざり合った蠱毒みたいで、息苦しさも感じる。 だから澱んだ想いをぶつける先が必要で、“教団”がスケープゴートにされたのも、納得できずとも理解は出来る。 その果てに嘘だらけの、罪を背負うことになる英雄が生まれるって言うのは皮肉と言うべきかどうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 無重力蜜柑

    今回も面白い。六合上覧一回戦は第3、4、5試合。ソウジロウVSオゾネズマは正直今までの中じゃベストバウトだと思う。ソウジロウの強さは一巻時点からずっと描かれて来たが、だからこそオゾネズマの「魔王の腕」という衝撃的な奥の手ヤバさが際立つ。「事故死しかない」って攻略法や、最終的にはオゾネズマも発狂してたという事実が明らかになって決着するところまで完璧。キアVSロスクレイはまあ流石に予想通り(それでもハラハラしたが)。キアは能力的には無敵なので盤外戦術で排除するしかないよね……。無双する姿も見たかったが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • takave

    死体ですらやばい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 打ち勝つ者、粘り勝つ者、支配するモノされるモノ、出会うモノ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2021/02/17
  • 定価
    1430円(本体1300円+税)
  • ISBN
    9784049135329

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK