十三歳の誕生日、皇后になりました。 4
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

十三歳の誕生日、皇后になりました。 4

「おれの女に手を出したことを後悔させてやるよ」 夫婦の絆が深まる第四弾
著者: 石田リンネ (著者) / Izumi (イラスト)
シリーズ:十三歳の誕生日、皇后になりました。(ビーズログ文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「――誰も私のことを見てくれない」
そんな思いを抱える人の希望になればいいと後宮にお手紙箱を設置した莉杏。
女官採用試験で起きた疑惑や、夜中の幽霊騒動など新たな難問に挑むことになるが、がんばる妻を暁月はさりげなく助け、見守ってくれる。
そんななか、莉杏の食べた月餅に皿の欠片が混入! さらに「命、狙われています」と怪文書が届き!?

期間限定!豪華キャスト陣によるオーディオドラマが聴けるQRコードを収録
 ※視聴期限は2021年11月16日(火)まで
 ※一部の携帯電話・スマートフォン機種によっては読み取れない場合がございます
 ※パケット通信料を含む通信費用はお客様のご負担となります

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 皐月

    後宮にお手紙箱を設置した莉杏。女官採用試験で起きた不正や、夜中の幽霊騒動など新たな難問に挑む莉杏に暁月はさりげなく助け、見守ってくれる。ちょっとだけ二人の糖分が高くなったかな。暁月の『俺の女に手を出したことを後悔させてやるよ』と犯人に啖呵を切る台詞が格好良い。明煌が想定外で早い段階から莉杏を皇后と認め、短期間で仲良くなっていく姿を見て、もやもやして嫉妬する暁月が読んでいて面白かった。収穫祭での余興話がとても良かったです。引き分けに持ち込み『最後の一押し』で勝つ展開に胸が熱くなりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あっか

    今回は対外というより後宮や内側中心の物語で、その分莉杏の身内に対する皇后力?がますますアップしています!抱えていた内憂もスッキリし赤奏国の未来はますます明るそう。新キャラの明煌も今後どんな関係性を作ったり活躍?をしていくのか楽しみ。にしてもこのペースだと莉杏はなかなか年齢的には成長しなさそう!?笑 早く17とか18歳になって暁月をメロメロさせてほしいー♡ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    人知れず悩みを抱える人の希望になればいいと後宮にお手紙箱を設置した莉杏。そんななか莉杏の食べた月餅に皿の欠片が混入し、さらに怪文書が届く第四弾。暁月が迎えた遠縁の暫定皇太子登場、新たに女官採用試験で起きた疑惑、夜中の幽霊騒動など、意外としっかりした莉杏の判断に感心しながら、今回はややのんびりした展開かなと思いながら読んでましたけど、わりと落ち着いたからこそ逆に権力争いも発生するんですよね。不運な偶然が重ねっての窮地もありましたが、傍から見ても付け入る隙がなさそうに見える夫婦の関係がなかなかいい感じですね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かなで

    新たな皇太子を迎えた暁月と莉杏。廃嫡が前提の皇太子は元道士で書が上手く、莉杏の先生となる。なにしろ皇太子は莉杏の倍の年齢だったのだ。莉杏は、女官試験、皇太子対決、幽霊騒動、そして、誘拐事件と様々な事が起きても、自分ができることを探して、暁月の役に立つことを考える。聡明な女の子で、真っ直ぐ暁月にぶつかっていく莉杏は皇后に相応しく、その中身にも絆されてきた暁月の心境の変化も楽しかった。茉莉花の方も良いけど、これを読むと自分のできることから始めようと気持ちを切り替えられて良い。Izumi先生の挿絵も最高でした! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • S

    この作品新刊読むたびに「今年の少女小説ベストオブヒロイン大賞は莉杏ちゃんに決定〜〜!」って毎回思う。今回もかわいすぎてにやけまくり、何度もページを戻って堪能しで変な人になってしまった。着実に皇后として立派になってきていて、収穫祭では暁月の希望に沿う形で手助けしてみせた手腕には読んでる私が鼻高々で「さすが莉杏ちゃん!」と喝采しました。今回も好きなシーンたくさんある。幽霊騒ぎでちょっと怖くなった莉杏が思わず暁月の裾に縋ったときに手を握ってくれたところとか、隠し事をしようとする莉杏から無理やり聞き出したりとか→ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2020/11/14
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784047361461

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK